武者ガンダム

【武者ガンダム】璽悪

投稿日:

概要

璽悪とは「武者ガンダム」に登場する人物。主に闇軍団に所属する巨忍軍団頭領。性格は卑怯者で策略は強い。闇軍団の上を目指す。そのため、正々堂々を好む漣飛威とは仲が悪い。

別名「巨火の璽悪」。

「戦争に卑怯もヘチマもあるか」は名台詞。

アニメにおいて瓦返しという技がある。

武者七人衆

巨忍軍団頭領。斎胡頑駄無を洗脳し手ごまに加える。後に解放された。

風林火山編

闇のかけら(胸の鎧)を持って暗黒四天王の一角を担う。秘密の古文書を読んでおり闇皇帝の正体を知る。ここでは“武者”がついている。

部下たちとともに百士鬼改と江須を襲う。しかし、荒烈駆主の妨害や百士鬼改の覚醒により撤退。

時隠の国の国境で荒烈駆主たちと交戦。

武神輝羅鋼

亡霊魔将として復活し百鬼夜行衆の四魔将の一人となる。

亡霊のため日光に弱い。砕牙の息子を人質にして砕牙を仲間に加える。変装していた大旋鬼頑駄無と交戦し死亡する。漫画では砕牙に殺されている。

武者烈伝零

時隠の国最大の術士にして巨忍軍団軍団長。正体は罪滅の鎧をまとった滅殺荒という小男。術によって生み出した鎧をまとい体力と火力をあげていた。

側近として遮光を利用して国主になろうと画策していた。しかし、遮光が闇皇帝復活を目指していたため野望どころではなくなった。

璃阿峠にて烈火武者殺害を企てて漣飛威の意思を無視してやろうとしたが、百騎組の砲撃で阻止され砲撃戦を開始した。悪無覇域夢山では南軍を指揮。


-武者ガンダム

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.