サイボーグ009

【サイボーグ009】ザ・ディープ・スペース編登場人物

投稿日:

ベビー・スター

「惑星001」に登場した赤ちゃんしか存在しない惑星。住人の名前は番号となっている。5歳になった住民は消える。国王は毎年変わる。

赤ちゃんだけだが高い文明を持っている。この惑星では“生まれる”がなく、“出る”とされ住人たちは神像の近くにある装置から生まれる。5歳を迎えようとしている国王は夢で見た大人の女性をかたどった神像「マザー」を国民たちを動かして作っていた。

2073が完成したマザーが動いたらいいと思い001が超能力で動かしたらマザーが壊れた。

どこか「赤ん坊帝国」を沸騰させる世界観だ。


鳥の人々

「惑星002」に登場した鳥の人々。罪人は羽毛をとられる法律がある。それより、酷いのはヤキトリの刑(おそらく死刑に該当する)。

002が王に反対していた脱獄犯レダに間違えられて住人と会う。

レダ

鳥の人。王の政治に反対していたが捕まり羽毛を狩られた。脱獄していた所、002と会い惑星の現状を話す。再び王の手下に捕まり、王から光卵を破壊することを条件にレダの解放を提示された。

しかし、光卵を撃つも光卵は城に落ちてレダと王たちは死んだ。

鳥たちの王。高い税金をとり払えなければ卵を食う。

光卵を恐れて002にレダの解放を条件に討伐命令を下した。光卵は撃たれたが城に落下し死亡した。


光卵

意思を持った光る球。何人も鳥人たちが挑み死んでいった。002がレダの解放条件をのみ討伐にきた。方向を変えて襲いかかるも002に撃たれて王のいる城に落下して爆発した。

支配者

「惑星003」に登場した人間たちを支配している生物。ザッタンに近い姿をしている。

凶暴な性格をしている人間たちを別の生物に変えていた。003が人間を戻すため殺された。

黒いロボット

「惑星004」に登場した多脚の戦闘ロボットだが、意思がありどちらかと言えばアンドロイド。

たどたどしい喋り方をする。宇宙人の命令で004と戦うも脚一本を撃たれて敗北。

修復されてなぜ、殺さないのか004に問答する。修復された後、再び宇宙人から戦えと命令されるも004に宇宙人が後ろにいると教えて004が宇宙人を射殺した。

しかし、道連れに宇宙人がロボットを爆破した。

004はロボットに立派な心がある戦士と敬意をはらった。

精霊たち

「惑星005」に登場した岩に封じ込められた精霊たち。005があれていた精霊たちを解放したら精霊たちは死んだ。なぜ、死んだのかわからない。

惑星006

そくらてす

「惑星006」に登場した豚の住人で悟りを目指そうとした哲学僧。ブッダの像を掘ったりして悟りを目指そうとした。

弟子と一緒に歩いていたら006に襲われて恐怖で声が出ず弟子が006に食われてしまった。おふくろさんを倒した006にここがどういう所か教えた。

おふくろさん

「惑星006」に登場した豚の住人に恐れられる巨大な怪物。

女の豚の美人を疑似餌にしておびき寄せる。006をおびき寄せて食べるも焼き殺された。

「惑星007」に登場した007と同じく何にでも変身できる生物。

007を前に一人で大量の芝居をした。最後は007が銃を向けて虎となり襲いかかったが射殺された。

生け捕りにするかはわからないが、この虎が何を考えていたのか不明。

怪物神(モンストロ)

「惑星008」に登場した巨大な白鯨。天国に行くため、天蓋を破るモンストロの操縦士となりうる海の生物を襲う。そのため、海の生物たちから恐れられた。

008を捕食し操縦士として適合したため外の世界へ行く。天蓋へ突き出すがそこは極寒の地でモンストロは凍りついた。

雪女

「惑星009」に登場した女性。不死身。009と会い009の母になろうとした。

拒まれて撃たれる続けるも蘇る。009は雪女も自分と同じく愛に飢えていると考えた。

ギルモア博士が作ったロボット

「そして惑星……」のギルモア博士の夢に登場したロボット。ギルモア博士をパパと慕っている。

作られるも顔と右腕が飛び壊れて再び戻りまた壊れるの繰り返し。ギルモア博士はこれを「虚しい夢」と評している。

-サイボーグ009

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.