RULE of ROSE

【RULE of ROSE】Jの日記

投稿日:

概要

Jの日記とはRULE of ROSEにて本編未登場の絵日記。書いてたのはウェンディーにしか見えない。

ジェニファーがグレゴリーに監禁された5月の時に記されたもの。

一見すれば交換日記に見えるが・・。

内容

5月1日 - ウェンディーが熊に問いかける。

5月2日 - ジョシュア、自分はウェンディーの忠実なる下僕。キスを欲す。

5月3日 - ウェンディー、魔法のキスをしようとした。

5月4日 - ジョシュア、自分はもう熊ではなくあなたの忠実なる下僕。キスをさせてほしいとたのんだ。

5月5日 - ウェンディー、一緒におでかけがしたい。

5月6日 - ジョシュア、ウェンディーに会いたい。

5月7日 - ウェンディーがお菓子の家は「秘密の花園」と記す。

5月8日 - ジョシュアがビケット、チョコレート、キャンディーが秘密の庭へ向かうらしい。

5月9日 - 真実にたどり着くのを待つ。ウェンディーとジョシュアの絵。

この日記の意味

ウェンディーはジェニファーを「ジョシュア」と見ていた。

交換手紙でジェニファーはジョシュアと名乗るのを嫌がっている。この日記ではジョシュアとつけられており「交換日記」と思えない。

そして、この日記は「ウェンディーがジェニファーへ持つにじみ出た「独占欲と支配欲」」があらわになっている。ジェニファーが自分に忠実な人物であってほしいと願望となっている。

ジェニファーが嫌がりそうだ。

考察

実装されなかったのは4月でウェンディーとジェニファーがすでにあっていること。

何よりキスが問題だろう。

交換手紙のジェニファーを見て交換絵日記のジェニファーは「ウェンディーに都合のいい人物化している」。

-RULE of ROSE

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.