RULE of ROSE

【RULE of ROSE】マーサ・キャロル

投稿日:

概要

マーサ・キャロルとはRULE of ROSEに登場するローズガーデン孤児院に勤務する職員。

料理担当で料理を作っていた。

注意深く見ており水やりをしなかったニコラ、マーサの口紅を盗んだアマンダ。

ジェニファー以外の子どもたちから「女王」、「魔女」と恐れられた。

幻想の世界にてジェニファーが掃除をさぼると思っていたから嫌っていた。

目撃した

マーサは1930年11月23日にて「ウェンディーがグレゴリーを調教している様子を見た」。これまでに警察へ6通ほど手紙を送るも返事がない。

1930年11月24日にて書きかけの手紙を放置した(ジェニファーはこのことを「大人は身勝手」と思った他、送っていたら変わっていたと考えていた)。

謎として「なぜマーサの手紙が警察に届かなかったこと」。それも6通送っているのに返事がないのは不審だ。

その後

マーサはホフマンを追うようにクララとともに孤児院を去った。

-RULE of ROSE

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.