RULE of ROSE

【RULE of ROSE】クララ

投稿日:

概要

クララとはRULE of ROSEに登場する孤児。

1914年生まれ(15~16歳)。

孤児たちの中でも高い年齢に位置する。なぜか足を引きずって歩いている。

物静かな人物で貴族ごっこに参加しなかった。

孤児院を支えたいと思っておりホフマンにそのことを話す(ホフマンも真剣に考える)。孤児院では孤児だけでなく看護師として努めている。

ホフマンの放送で最後に呼ばれる。

ホフマンから肉体関係を持たれ虐待を受けている。

ホフマンの日記の8月にそれらしきことが書かれている。クララがいた医務室に支脚器がある。

ジェニファーは大人のような面を持ったクララが怖かったと述べる(このクララは自暴自棄になったクララなのか?)。

その後

12月、ホフマンが孤児院から去った後、マーサとともに去った。

-RULE of ROSE

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.