RULE of ROSE

【RULE of ROSE】アマンダ

投稿日:

概要

アマンダとはRULE of ROSEに登場する孤児。

赤いクレヨン貴族の1人で「ひんみん」。

女子だが太っている。

雑巾を縫うことを好む。窃盗癖がありマーサから口紅を奪った(アマンダは疑われた)。

ホフマンから呼ばれることはなかった。

性格

不安がることを非常に嫌っている。一人称「アマンダ」。

情緒不安定な部分があり日記にも顕著。

太っていることを自覚しているのか紙袋の被り物に「豚の顔」を描く。

ジェニファーとの関係

赤いクレヨン貴族にて下位だったジェニファーを見下しており貢物をどうするのか考えたりした。

ジェニファーが最後の方で思い返す時、アマンダへ特に思っていなかった。

アマンダの日記

アマンダが書いた日記。内容は「アマンダが不安がったり、喜んだり」と情緒不安定。

最期

1930年12月20日、ウェンディーがノライヌを放ちアマンダは殺された。

-RULE of ROSE

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.