夢見館シリーズ

【夢見館の物語】狩人

投稿日:

概要

狩人とは夢見館の物語の館の主。声は堀内賢雄。

狩人の由来は不明で他者からそう呼ばれている。自室は質素(実はこの部屋自体は狩人の本当の部屋ではない)。

月の魔法を行使し人を蝶に変える。

館を作り4年に1度あらわれ現世に疲れた人間を入れている。

外見

赤目の白い人型。とても人間には見えない。

狩人の由来

「真説・夢見館 扉の奥に誰かが…」にて明かされた。元々、人間は狩人にとって「獲物」であり狩人の由来はこれである。

しかし、自分に不要な物を捨て去り現在の性格となる。

活躍

夢見館の物語

少年の妹を蝶に変え少年も蝶になるよう話す。しかし、少年は外へ出て悔やんだ。

その後、「真説・夢見館 扉の奥に誰かが…」にて少年が再び訪れた。そして……。

真説・夢見館

狩人の真の部屋「聖域」にいた。カンドラに命を狙われジュンたちに助けられた。

-夢見館シリーズ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.