漫画

【男塾】どもすりぎね?

投稿日:

概要

天兆五輪大武会中盤くらいか。登場人物がどもるシーンが増える。作者がわざとやったと考えるが、帰ってそれが雰囲気をぶち壊していると思う。

例を挙げる

剣桃太郎が炎で燃えている藤堂豪毅を王虎寺秘奥儀で助ける。

豪毅がなぜ殺さないと問いを投げたのに対して、桃はいたってピンピンしています。

毒はくらっていません。苦しんでいません。血だるまではありません。傷は多少なりともありますが、致命傷ではありません。

「わからんのか…………!!

 (略)

 それで、貴様を倒したということにはならん!」

これは、どもっている部分を消した所。で、原作準拠にすると。


「わ わからんのか…………!!

 (略)

 そ それで、貴様を倒したということにはならん!」

 さらに付け加えると。

桃「き 貴様との真の決着をつけるにはこの拳だけだ!!」

豪毅「ば 馬鹿めが…………!!」

「こ 後悔させてやる!!」

どちらも傷はありますが元気です。緊張感はあるが、そこまでどもるほど緊張するか?

結果として雰囲気を壊している感じがする。

これじゃあ、緊張感と言うよりも作者の技量が弱った感じがする。

どもりを消した場合

桃「貴様との真の決着をつけるにはこの拳だけだ!!」

豪毅「馬鹿めが…………!!」

「後悔させてやる!!」


-漫画

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.