迷宮に至る病

【迷宮に至る病】最奥ボス

投稿日:

概要

最奥ボスとは迷宮に至る病に登場する6体のボスたち。それぞれ、仲間キャラに対応している。

死神に近いものの決定的な違いは「強力な力を持ち、かつシンボルが違う(光の魔王、九尾の狐、這い寄る混沌)」。

倒さなくてもいいが、チャレンジボスのような存在。

全員2回行動。

一覧

九尾の狐(2回目) - 百鬼夜行 ※ブルー

リヴァイアサン - リヴァイアサン ※ハーティ

暗黒星 - 奈落 ※ルース

光の魔王 - 夜の王 ※ヴァル

デウス・エクス・マキナ - ニルヴァーナ ※ミレイユ

這い寄る混沌 - ルルイエ ※ドロシー

特徴

九尾の狐 - 非常に強い、雷炎魔、混乱を使う。

リヴァイアサン - HP半分を切ってから行動回数上昇、氷風雷打撃、即死封印を使う。

暗黒星 - HP半分以下で第二形態へ以降、闇、HP自動回復付与、石化即死封印を使う。※個人的にはダンジョンと雑魚が酷い。

光の魔王 - 護衛2体、斬光、混乱麻痺、魔王のHP半分以下で第1行動で防御バフを始める。

デウス・エクス・マキナ - HPを半分切ると第二形態に移行。射雷光、封印スタン(スタンは第二形態から)を使う。

這い寄る混沌 - 第二形態(九尾と比べにならないほど強い)あり、闇地、多数の状態異常(即死、暴走、麻痺、封印、スタン)。

-迷宮に至る病

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.