重桜(アズレンSS)

【アズレンSS】迷子の暁

投稿日:

Contents

1

暁「しかし、みんなと来るとは……」

響「前は暁が迷子になっていたから雷、電も連れてきたから」

雷「ここが北方連合……」

電「雪が多い……」

暁「絶対、迷子にならないから……でござる!」

響(本当?)

2

雷「北方連合って雪が多いし寒すぎる……」

響「まあね。なれれば、大したことはないよ」

電「響はなれているからそうだけど……」

暁「いつ来てもなれない……そうだ、響! 今日はお姉ちゃんが妹たちを案内してもいいでござる?」

響「え、案内ができるの?」

暁「できるって……ござる」

雷「大丈夫?」

電「無理しなくても……」

響「私がついておくから……」

暁「じゃあ、困った時は響に。私はちゃんとネットで仕入れた知識があるから!」

3人(大丈夫?)

3

暁「えーと、ここが北方連合の本部に行く道」

響「違うよ。ここからさらに先にある道を曲がって北方連合に行くわ」

暁「え?」

次の道。

暁「で、次の道を」

響「ごめん、左」

暁「響!」

響「いやだって暁の顔が右を向いていたから……」

電「暁……」

雷「無理しなくても」

暁「うぅ……ぐすっ」

響「泣かないで」

暁「ダメなお姉ちゃんでごめん……」

響「じゃあ、ここからは私が案内するから」

4

響「よしついた。ここが、北方連合の拠点!」

暁「つ、ついた……でござる」

電「ここか……」

雷「大きい。そう言えば、暁は失望した時にどうして指揮官を責めないの?」

暁「せっしゃに責任があると思うからでござる」

響「責任感が強いのね。悪くないと思うわ」」

-重桜(アズレンSS)

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.