藤子不二雄A短編

【藤子不二雄A】暗闇から石(旧題:不意打ち)

投稿日:

概要

「暗闇から石」とは藤子不二雄Aの短編の1つ。\n旧題は「不意打ち」。

物語

映画で謎の男に嫌らしくされていた女の席を入れ替わった高倉輝彦。しかし、男は映画館を出た。\n輝彦が映画を出ると暗闇から石を投げられた。輝彦は追うもどこにもいなかった。\nそれから、輝彦に不幸が襲いかかる。

1.輝彦の会社に電話が何通も来る。自宅にいる輝彦の妻・頼子にもくる。

2.電車から落とされそうになる。

3.自宅の窓に猫の死骸がぶらさがる。

とうとう輝彦は車に襲われる。殺されかけるも輝彦は回避して車はトラックに突っ込んで死んだ。

これで終わりかと思ったら輝彦の自宅に誰かが電話してきた。正体不明の謎の人物。


-藤子不二雄A短編

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.