フラワーナイトガール

【フラワーナイトガール】封印の騎士

更新日:

概要

封印の騎士とはフラワーナイトガールに登場する大精霊が選んだ者たち。通称「契約者」。

5人存在しウィンターローズ、リリィウッド、バナナオーシャン、ベルガモットバレー、ブロッサムヒルへ1人ずつ封印されている。

英雄的な活躍をするも何らかの罪を持つ。

アグレッサ消滅を確認した大精霊が団長と現在の花騎士たちへ外に出る試練として長く用意した。同時に試練が発生すると「害虫が活性化する(大精霊は一般市民への被害は極力抑えるとする)」。

封印の騎士たちは共通した衣装を着ている(差異はあるが)。

騎士たちの活躍は禁書でしか確認できない。

ジュズダマ曰く現在の花騎士たちの活躍は「史上最強」と評する。

該当者

スイカズラ - 800年前ウィンターローズの花騎士。通称「暗殺者シター」。殺し屋に生まれ極限指定害虫をう7割屠る実力者。

ジュズダマ - 900年前リリィウッドの花騎士。通称「奇跡の子」。高いカリスマ性、体が瞬時に癒える「超回復能力(100や200の致命傷なら完治可能)」、神業と言える相手の心を読む能力を持つ。巨大な宗教組織「害虫崇拝集団「楽園」」教祖にして創始者であり元老院や他の国家から恐れられた。フラスベルグの眷属を「使者様」と呼び他の害虫よりよい扱いをしている。

ヒャクニチソウ - 200年前バナナオーシャンの花騎士。通称「英雄ジニアの人格を宿す銃火器の職人」。銃火器職人として腕は非常に高く現在のスプリングガーデンへ通じるほど。ヒャクニチソウ時の人格は平凡な身体能力であるもジニアの人格は非凡そのもの。

タケ - 500年前ベルガモットバレーの花騎士。遠見の鏡の作り親(妹を見るため)。弓使いだが「的がどこで見えようと感覚さえつかめれば矢を正確に飛ばしてくる」。妹を殺したベルガモットバレーに対して憎悪している。空間移動可能、世界花の加護を中和可能な亡霊の使役、遠見の鏡で見られたら受け答えする。大精霊から一方的な契約を受け従うことにした(契約として「姫を助けろ」、「姫を殺そうとする者を皆殺しにしろ」)。亡霊使役の応用で竹林に封印されていたこともあって「愛染流の使い手が来て亡霊にして記憶と知識を使い独自の愛染流を作り上げた」。他の封印騎士と違い「一時的な記憶喪失がなく動いている(タケは十数年封印されていると思った)」。辺境生まれだったが力を評価され花騎士となり王宮に仕えた。

コルベット - 450年前のブロッサムヒルの花騎士で古代害虫をたった一人で倒し切るほどで「歴代花騎士の中で最強」と称される。大精霊と親しい存在で他の封印騎士と違い起きてからの記憶を全て思い出し最後の試練として現在の花騎士たちを「視る」。

かつて部隊長の家系に生まれ女王直属部隊の武術を扱える。魔力を制御していたがリミッターが壊れ命を害する域に到達してしまった。

コルベットの隠蔽は凄まじいものでディープレコードが苦戦を強いられるほど。

功罪

スイカズラ - 功:7割の極限指定害虫の殲滅。罪:スイカズラの高い魔力が原因で高い魔力を持つ者への迫害が発生、対人間の殺し屋たちが武装蜂起する。

ジュズダマ - 功:雷から得た「超回復能力」により人々を助け楽園を築き集落を中心都市へ変貌させた。罪:害虫信仰をしておりリリィウッドどころか隣国から警戒されるほど。

英雄ジニア - 功:弾丸一発で極限指定害虫を仕留め、コダイバナの最前線で百日間戦い(この時に本物のジニア死亡。ヒャクニチソウにジニアの人格が芽生える)、銃火器の技術水準を1人で百年も進めた。罪:ヒャクニチソウは大精霊に頼み自身の功績もジニアへ含めさせた。

タケ - 功:遠見の鏡を作り国内を安定させた、罪:妹(姫)が無実の罪で処刑されたことに怒りベルガモットバレー相手へ「愛染流の亡霊を使役し戦争をしかけた」(大精霊の介入で王宮に侵入したタケを封印した)。

コルベット - 功:ガルデ城塞を壊滅させた古代害虫を1人で討伐した。罪:周りから「化け物」と恐れられ母親から縁を切られ、街から追い出された。

スイカズラのこともあってカトレアが暗殺されかけブラックバッカラが幽閉としてつなぎとめた。

楽園は解体されフォレステマ神殿となりジュズダマの再来を防ぐため抑止をしていた。

本物のジニアのコダイバナの最前線で死亡(プチ大精霊曰くジニアの強さは「普通に強い花騎士」とされる)。ヒャクニチソウから生まれたジニアの人格は「ヒャクニチソウがジニアをかばって死んだと改ざんしている」。

シュウメイギクがタケの弓術で射殺されようとしてプチ大精霊が介入せざる負えなくなった(プチ大精霊との会話で5日後の夜になった)。

ナズナはヒャクニチソウに関して「ヒャクニチソウとジニア」と2人で1人と見ている。

モモとサクラは大精霊の試練を考察しロータスレイクに伝わるネムノキの伝説を使っていると見た。ただ、ウメは歴史の流れで偶然にも人数が集まったと見た。

-フラワーナイトガール

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.