藤子不二雄A短編

【藤子不二雄A】北京填鴨式

投稿日:

概要

「北京填鴨式」とは藤子不二雄Aの短編の1つ。旅行型の短編。舞台は中国の香港である。

あらすじ

剛田達人と勇三は香港の旅行へ来た。勇三はことあるごとに中国で行った悪態を自慢げに話し場の雰囲気を見出してしまう。

ガイドの仁が難民アパートやアヒルを育ている場所、料理やに案内された。香港の料理店で食事を済ませた後、仁から悪の巣窟「九竜城」について勇三は興味を示す。九竜城へいくが、勇三と達夫は誘拐された。

登場人物

剛田達夫

気弱な男。

剛田勇三

達夫のおじ。戦時中、陸軍大尉で活躍していた。しかし、中国人を見下している。

ガイド。常に笑顔の人物。剛田家や他の観光客を案内する。実は裏の顔を……。

どこか、喪黒複造に近い雰囲気を醸し出している。

結末

目を覚ました達夫はなんと北京ダック用のアヒルを育てる方法と同じように体が地面に埋められていた。そこに仁がいて仁は九竜城では顔がきく人物であった知る。多くの食材を食べた仁は残ったのが人間であった。

しかし、中国人は共食いで外し、白人は肌の色が好ましくないとして残ったのが日本人であった。

そこで、日本人の達夫と勇三にした。仁は勇三を食したがまずく達夫を北京だっく式で育てて食べることにした。

-藤子不二雄A短編

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.