ポリスノーツ

【ポリスノーツ】ケンゾウ・北条

投稿日:


概要

ケンゾウ・北条とはポリスノーツに登場する人物。故人。

ロレインの現夫にしてカレンの父。愛情は深い。

トクガワ製薬技術研究所DDS開発チーム主任。日本の大学を卒業後、サダオキに認められビヨンド支社へ行く。

ビヨンド日本人祭にてロレインと知り合い結婚。しかし、ロレインはジョナサンのことを気にしておりそのことで夫婦仲の喧嘩があった。

石田と仕事仲間。石田曰く「旅行する人ではない」。

会社から帰ってくるはずが、行方不明となりロレインが地球にいるジョナサンへ依頼することになる。

ロレイン、カレンに知られない裏の顔を持つ。

裏の顔

カレンの骨髄性障害を治すためトクガワグループの麻薬を石田とともにビヨンド中央病院で横流しして治療費を稼いでいた。

行方不明の真相

ゲイツの口からケンゾウはサダオキから臓器密売の存在を教えられたが、サダオキを恐怖し恫喝を始めた。

恫喝がサダオキの怒りを買いレッドウッドに殺され死体は月へ送られた。

感想

父親としては真っ当だが、方法は「非人道的すぎる」ため同情できない。

-ポリスノーツ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.