ポリスノーツ

【ポリスノーツ】ジョゼフ・サダオキ・トクガワ

投稿日:

概要

ジョゼフ・サダオキ・トクガワとはポリスノーツに登場する人物にして5人のオリジナルコップの1人。

年齢60、身長190cm、体重95kg。

トクガワグループ総裁、宇宙推進開発事業団理事長。

日系人しか信用しない差別主義者(ジョナサン、エド曰く昔からとされる)。

結婚しておらずKP人間たちをハーレムに持っている。

ポリスノーツにおけるすべての元凶。

経歴

トクガワグループ2代目徳川忠輿の長男として生まれる。

東京の大学にて経済、経営、犯罪学を学ぶ。

警察学校を首席で卒業し東京警視庁へ入り背後でトクガワグループを動かす。

30代で警視正となる異例出世速度。32歳でポリスノーツに参加しリーダーとして活躍。

ビヨンド開発に携わり父親の引退を機会に警察を退職し42歳で総裁を就任。

正体

地球で頻発する誘拐、殺人、臓器と麻薬の密売を牛耳る「黒幕」。

ビヨンド開発の裏で臓器密売ビジネスの計画を立てていた。

ゲイツ、サルバトーレと共謀しジョナサンを試作機EMPSを事故と見せかけて葬ろうとした。しかし、ジョナサンがコールドスリープしたため失敗。

サダオキは北条の麻薬横流しを知り臓器工場のことを明かしカレンの代用となる骨髄を捜す協力をした。しかし、北条はサダオキに恐怖し恫喝を始め、北条はレッドウッドに殺された。

活躍

パーティにクリス、サルバトーレの他にハーレムの人工人間の女性たちや「有名なマフィア」を呼んだ。しかもケンゾウ・北条主役のパーティで。

ジョナサンは異様なパーティであり北条無しでパーティを行っていることに苛立ちサダオキに問いただすも知らぬ存ぜぬでジョナサンは怒る。サダオキはジョナサンとエドを会場から追い出した。

ジョナサンとエドに麻薬の密売を突き止められるも急遽、移動させ知らぬ存ぜぬを通しゲイツと共謀しジョナサンと北条殺しの犯人とでっち上げる。

トクガワビルにてゲイツが死亡し残存APたちを連れてジョナサンとエドを殺害しようとしたものの、メリルとビヨンド警察たちが来て逮捕されAPたちはすぐ投降した。

-ポリスノーツ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.