ポリスノーツ

【ポリスノーツ】トニー・レッドウッド

投稿日:

概要

トニー・レッドウッドとはポリスノーツに登場する人物。声は塩沢兼人。

凍結者にしてビヨンド警察のAP課所属で爆弾処理担当。

EMPS乗りとしてはかなりの実力で別名「ミスター・ゴダード」と呼ばれる。

性格

殺人に対して躊躇がなく強い残虐性を持つ。

戦いを好み相手を煽ったりする。

不死身を自負している他、誰にも殺されないとしている。

ジョナサンを殺せなかったことを執着しジョナサンに対し死ぬ間際までレッドウッドが殺した4人「ケンゾウ、ロレイン、デイブ、ビクトル」、殺しそこねたエドをネタにして煽る。、

出生

クリスの子だったが政府に引き取られてしまった(クリスは裁判を起こしたものの認められなかった)。

双子である兄のリドリー・レッドウッドがいものの兄弟として見ておらず赤の他人。

活躍

地球にて

変装してロレインを殺すため地球へ降りて車に爆弾を仕掛けロレインを爆殺する。

ジョナサンへ撃ち合いをするも傷つけられ「血文字で「Kill You」」を残す。バイクで去り変装を解きビヨンドへ帰る。

最中、ジョナサンと出会う。愛想よく接しビヨンドで起こっていることを話す。

ビヨンドにて再会

ジョナサンと会うや不敵な態度を取る。ジョナサンとエドへ爆弾の話をして赤、青どちらを選ぶのか話す。

カプセル解析の最中、ビクトルが持っているカプセルを没収。

ジョナサンとの戦い~復帰

石田、エド、ジョナサンを殺害する命令が下る。

石田を殺害し、ジョナサンたちが乗っっていたパトカーに爆弾を仕掛けようとした。しかし、ジョナサンたちがすぐ来て逃げ出す。

カーチェイスで何発かジョナサンから銃弾を受け住宅街へ逃げ電車に入る。クリスを人質に取りジョナサンへの殺意を出す。

クリスを解放させ逃走。

メリル、デイブと銃撃を始め人質と爆弾を盾にしデイブに致命傷を負わせる。

偽バッグ屋で爆弾を入れ逃走。レッドウッドは姿を隠すため表向きは「地球へ行った」と伝えられた。

トクガワ製薬捜査では復帰している。

ビクトル殺害~エドへの致命傷

北条の偽装死体が気になり中央病院の死体安置所へ来たビクトルを殺害し偽装死体が置かれた。

マークを人質にしてエドをおびき出させエドに致命傷を負わせ病院送りにした。

決着

EMPSに乗りクリスを撃ち殺しジョナサンへトクガワビルで決着をつけることを伝え去る。

トクガワビルに乗ってきたジョナサンが部下たちを蹴散らしレッドウッドはEMPSに乗って戦うもEMPSを捨て戦う。

血が出ていたものの途中から「血が出なくなる」。最後の撃ち合いで敗北。

ジョナサンへ挑発したが、ジョナサンから「クリスがレッドウッドの母親」であることを聞かれレッドウッドは「俺の母親、か? 知っていたさ」と静かに答えた。

レッドウッドはジョナサンに殺されないとして笑いながら飛び降り自殺をした。

-ポリスノーツ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.