千年戦争アイギス

【千年戦争アイギス】ぬらりひょん

投稿日:

概要

ぬらりひょんとは千年戦争アイギスに登場する妖怪総大将。東の国で活動するが主。

人間の姿をしているが、体格は大きく足は無数の触手になっている(刀を使っている場合は触手ではなく2本足)。刀を取り扱ったりする。

性格

頭がキレて東の国だけでなく華の国へ行ったりする。

どの妖怪よりも偉いと考えているが、他の妖怪からはよく思われていない。

妖怪と獣人の見分けができない。

子供たち

ぬらりひょんの子供たち(現状判明している者のみ)。ただし、隠し子がどれほどいるのか未だ謎である。

シノ - ぬらりひょんの死後、妖怪総大将と名乗る。

カスミ - ぬらりひょんの娘であることをシノへ隠していた。

サギリ - 母親が死ぬ間際に父親がぬらりひょんと知り妖怪総大将を目指す。

活躍

妖怪対戦(2015年4月16日)

ぬらりひょんの一派がナギを利用しぬらりひょんを復活させることに成功する。ぬらりひょんと妖怪たちは王子たちに戦いを挑むも通じず撤退。

この時、ぬらりひょんはアンナの地獄耳に驚愕する。

千鬼夜行(2015年4月30日)

妖怪たちを率いて千鬼夜行を開始。ただし、アンナが妖怪の群れが移住区へ向かっていることを知られる。

ゴールドラッシュ20150910

バシラを猫娘と思い声をかけたが間違い王子たちとテティスがあらわれ去る。後に同じ間違いをする。

光と闇の聖霊(2015年11月19日)

若い頃を思っていたらオニキスと会い若い頃に近い力を得る。しかし、完全に取り戻すことができず王子たちに敗北する。

千一夜行(2015年12月3日)

千鬼夜行を起こそうと妖怪たちへ手紙を出す。ただし、バシラを「猫娘」と思い込んで手紙を出した。

封じられた仙猿(2016年1月14日)

ファーを仲間に入れようとファーが封印されている場所へあらわれる。封印が解かれるもファーは言うことを聞かなかった。

邪仙郷の罠(2016年7月7日)

華の国へ行き華の国の妖怪たちと知り合う。

第二次妖怪対戦(2016年8月12日)

酒?童子復活を目指し行動する。酒?童子を復活させたものの酒?童子と鬼の四天王たちはぬらりひょんを気に入らずぬらりひょんが王子たちへ戦っている間、傍観する。

ぬらりひょんは王子たちに討たれ死亡し酒?童子たちへの憎悪を口にする。

ぬらりひょんが遺した書物に妖怪総大将の本当の意味が書かれている。

その後

ぬらりひょんの子供たちが登場するも王子軍に協力する。

-千年戦争アイギス

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.