絶望の世界

【絶望の世界】CLUB MAMECHITTA マメ日誌

投稿日:

概要

CLUB MAMECHITTA マメ日誌とは絶望の世界に掲載されている遠藤智久の日誌。

略称「BACA」。

メールマガジン形式となっている。

2004年5月24日にてサイトが閉鎖したことにより未完となる。

あらすじ

序章(4月7日)

新しい生活にあたり前の職場の経験を活かそうとした。遠藤は自分が集団生活に向いていないことを天才すぎるからと考える。

Ma-me vol.1(4月19日)

遠藤、中学の特別専任講師「遠藤"MAMECCHI"智久」と名乗る。

メールマガジンを送ることにした。

Ma-me vol.2(5月9日)

生徒を「下僕ども」と呼ぶ。匿名希望の生徒から「勝手に変なメール送りつけないで下さい」と注意されるも反省の色はない。

Ma-me vol.3(6月12日)

パソコンを教えてほしいと言われテンションが上がり文字を打ちまくる。

Ma-me vol.4(7月4日)

まだまともな方。

Ma-me vol.5(8月31日)

この話で一番キモい。

Ma-me vol.6(10月7日)

生徒から授業の時はまともなのにメールになると豹変することを突っ込まれついには校長先生に相談された。

Ma-me vol.7(11月21日)

生徒からメール受信拒否の仕方を教えてくださいと言われる。

Ma-me vol.8(2月5日)

実質最終回。遠藤が金欠であることを話す。

これ以降、話はなく未完である。

-絶望の世界

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.