絶望の世界

【絶望の世界】牧原公子

投稿日:

概要

牧原公子とは絶望の世界A&∀に登場する人物。女子高生。

牧原グループの筆頭。家は汚いマンション。

メーリングリストにて板倉、岡部と映画好きの愛好会で3人集まった。

ハンドルネームは「シャロン」。

性格

頭がキレているが「面白半分で活動する」。これがかえって他者への災いとなる。

牧原の母

通称「ババア」。牧原の親であり働いている。

正体

牧原は「処刑人」である。しかし、正体がわかるのは「大勢の犠牲者が出た後に亮平がたどり着いたというひどい有様」。

牧原が処刑人をやったのは早紀のメーリングリストを利用して「面白半分」で板倉と岡部を殺害した。

牧原のやらかしたこと

1.面白半分で処刑人の実行者となり岡部と板倉を殺害。

2.ババアが牧原を溺愛していることを読み取りババアに「牧原は死んだ」と見せかけることにさせた。電話に出ても「いない」、「死んだ」と通した。

3.家の中に引きこもっている最中に「奥田と川口や渡部等:死亡、亮平と細江:発狂、田村:精神ズタボロ」と二次災害発生。

真実

牧原は「Aの渡部美希」である。言っていることは、わからないがそうらしい。

-絶望の世界

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.