Ruina

【Ruina】黒のミルドラ

投稿日:

概要

黒のミルドラとは大河物語に登場する邪神。堕落の神、ハァルの長兄とされ。

通称「邪竜の頭領」、「戦争と虐殺のもたらし手」、「夜の御子」。

かつて人間族に知恵と欲望を教えたが、地上に罪や争いがもたらされた。

結果、ハァルとアークフィアはミルドラを源流の奈落界へ封印された。

しかし、復活を画策しており信徒たちに復活を促している(信徒は虐げられた者や奴隷で構成されている)。

化身は漆黒の騎士、巨大な竜、蛇、羽虫、貴公子。

Ruinaでは

魔国マルディリアにて崇拝されていた。アルケリアが滅んだのはミルドラのせいとされる。

ミルドラとされるが、実際は「タイタス」のことだろうな。

あきらかにタイタスじゃないと話が会わない部分がある。

-Ruina

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.