エストポリス伝記

【エストポリス伝記】よみがえる伝説の登場人物

投稿日:

ウェインと仲間たち(11人の勇者とエルフ1人)

ウェイン

赤い髪の男。剣士。

性格は明るい。100年前の第二次虚空島戦役を知らず「虚空島の存在を知らない」。そのため、デュアルブレードを知らない。

謎の女シーナに会い、ガデス登場で第三次虚空島戦役に入る。

あまりにもバカさ加減で登場人物たちから「バカ」と言われる。

シーナ

謎の青い髪の女。占いを得意とする。

ウェインを試すためあらわれガデスの登場でウェインの旅に同行する。

正体は「殺戮の女神エリーヌの転生体」。

エリーヌの思念体を作り虚空島で倒されたと見せかけた。次にガデス、アモン、ディオスの3人が倒された後に本体である自身がウェインたちに戦いを挑み敗北。

これによりエリーヌのことシーナの目的である「四狂神の復活」は成立した。ディオスはエリーヌの裏切りを許さずガデス、アモンともに業火の神ザルバックを呼び出しエリーヌを吸収。

虚空島にてザルバックがウェインたちに倒されシーナは救出される。

エンディングでシーナはエリーナの力がない普通の人間になった。

ディ

プリフィア公園の泥棒。人望は厚く住人から慕われ弟分のコビンがいる(ルリーサという少女から嫁になりたいと言われるほど)。

フーゴウが金塊を食べるモンスターを飼っていると知りフーゴウの金塊を盗む。追ってきたウェインたちにフーゴウの事情を知らないことを指摘する。ベルーミーの戦いの後、公園で捕まる。

ウェインたちに解放された後、旅に同行する。

メンバーの中で最も頭が回り説明、先回りが可能。

アイマ

リーオン寺に住む黒肌の女性。次元流の使い手。

ガーランド団と敵対していたが、寺が壊され師匠をさらわれた。

ウェインたちとともにガーランド団を壊滅させ師匠を解放。が、港町シャンタオにガデスがあらわれ戦うも通じない。師匠が戦うも師匠はガデスとの戦いで死亡。

寺で師匠の墓を建て敵討ちに行こうとしたら、ウェインたちから目的が同じと見て旅の仲間となった(同時にアイマが次元流の奥義を会得)。

アルトシュタット王国関係者

ランドルフ

アルトシュタット王国の老兵士にしてメルフィスの部下。

メルフィスへの忠誠心は高い。メルフィスを探し塔へ行くもタワースネークに苦戦を強いられた。ウェインたちに助けられシーナに傷を回復された。

メルフィスへの無礼な態度を許さないもののメルフィスが許した場合その限り。

メルフィス

アルトシュタット王国の姫。が、エストポリスシリーズの中で唯一「武闘派の王族」。

デラーフの策略で塔に捕らえられていたが、ウェインたちに助けられた。

デラーフから王国を取り返そうと考えていた最中、ウェインが戦うことを言って王国奪還へ行く。

デッカード

アルトシュタット王国近海にて1人で海賊討伐をしている男。専用の船を持つ(船の先に刃がつけられている。刃を利用して船へ突撃して切断する荒業を持つ)。

弟分にニッキーがいるも単独行動をしているため会うことは少ない。

ウェインたちを海賊と間違えて突撃して船を切断した。メルフィス救出ではパイレーツボスが乗っている船を切断し、ビッグクラーケンとの戦いに参加。

ウェインから気に入られ以後、アルトシュタット王国奪還のため戦う。海上からアルトシュタット王国へ入ろうとしたウェインたちを助けるため再びあらわれ戦艦から振り切るため戦う。

正体は「20年前に失踪したメルフィスの兄アルムヘイム(メルフィスは生まれる前に兄がいたことを知っている行方不明としか知らされていない)」。正体に気づいていたのはランドルフだけだった。

アモンの残った力で暴走したメルフィスを止めるため説得し国王を「オヤジ」と言ったことで知られてしまった。

ムース

コプレーの森に住む精霊。顔は犬。

優しくシーナを助けてくれた。しかし、「ムースは喋ることができない」。

リデル大陸全域で起きた人間不信が通じず仲違いしたシーナとウェインを修復した。

アルトシュタット王国で起きた問題を解決するためウェインたちに協力する。

ルビー

レッドウッドの女ギャンブラーにして「ルビーの名を持つ」。

ギャンブラーであり度胸は強い。

タックがウェイトレスの事故で服が汚れたことに怒っていたところにあらわれコインの表裏を当てる戦いで勝つ。

モンスタートラックのビッグマウスを狙い戦う。最中、タックの策略で橋を落とされ孤立無援と思ったが前にいたビッグマウスを利用しビッグマウスを蹴り安全な場所へ移動。

ウェインたちとともにビッグマウスを討伐。ウェインから「ウェイトレスを助けた」ことを気に入ったこと、ウェインたちが戦う相手が「神」と聞き仲間になる。

ユーリスト

タンバの住人でジャンの友人。

「自然に逆らわず生きる」ことをモットーとしている。

ジャンの結婚を祝っていたがディオスの力でジャンが死に激昂。これが原因でディオスを倒すためウェインたちの旅に同行する。

アイザック・シャイア

モロゴロのシャイア研究所の所長にして「レクサス・シャイアの子孫」。

実験好きで危険な実験をしたりする。

ウェインからなげきの塔にいるディオスへ近づくため空から侵入する方法を考え先祖が遺した空飛ぶ機械を使った。

タンバ山の飛行石を見つけて手に入れるもウェインとシーナが消えた。2人がなげきの塔へ転送されたため飛行石をすぐ機械につけて救出に向かい2人を助け出すことに成功する。



ミルカ

1、2から登場するエルフの女性。詳細は個別記事を参照。

その他の登場人物

フーゴウ

アルバーノの大富豪。金持ちだがケチ。

裏で金塊を食べるモンスター「ベルーミー、ベラーミー」を飼っている。

ディに金塊を盗まれウェインに捜索を頼んだ。ディを捕まえ金塊を回収。

ウェインたちがベルーミーを殺し、ディを解放させたことに怒るがさなかにガデスがあらわれた。ガデスを問い詰めるもガデスに新しい豪邸を破壊され呆然とする。

ガデスが去った後、ディを開放しようとしたウェインたちに怒るもシーナに「屋敷を壊す」と脅され黙った。

メリッサ

フーゴウの娘。フーゴウから育児放棄同然の扱いを受けている。

ガーランド団

アイマへ敵対している強盗団。港町シャンタオを活動拠点にしている。

アイマの師匠をさらい次元流の秘伝の書を狙う。ウェインたちへ戦い壊滅する。

カイト

トマスに住む少年。海賊のアジトの居場所を知っているも誰も信じてもらえなかった。

ウェインにかわれアジトを案内した。しかし、海賊船に入ろうとしたパイレーツボスを止められなかった。

デラーフと協力者たち

デラーフ

アルトシュタット王国宰相。

昔は誠実な男だったがある日、野心に取り憑かれ王位を目指しメルフィスの父を殺害しメルフィスを塔へ閉じ込めた。

メルフィスが帰ってきて戦うも敗北。超兵器を使い再度戦うも通じず死亡。

実はアモンと共謀していたことが明かされた。

タワースネーク、デビルクローム

メルフィスを捕らえていた塔にいたモンスターたち(前座:タワースネーク、本番:デビルクローム)。

タワースネーク

翼が生えた蛇。傷ついたランドルフに善戦したがウェインたちがあらわれ敗北。

デビルクローム

巨大なハエのモンスター。

デビルクロームがメルフィスを殺そうとしたが応戦してきて殺せず。ウェインたちがあらわれデビルクロームは倒された。

海賊

アルトシュタット王国近海にあらわれる海賊たち。裏でデラーフと武器の密輸をしている。

海上にてウェインたちへ戦い武器の密輸が知られた。手下は倒され海賊船はデッカードに切断された。

あじとにてウェインたちが罠にかかり捕まりメルフィス以外をビッグアリゲーターで始末しようとしたがビッグアリゲーターはウェインたちに倒された。

パイレーツボスと部下たちがウェインたちを倒そうとしたが、通じずパイレーツボスがメルフィスを人質にして逃亡。

船で逃げ出したもののデッカードに追いつかれ船が切断された。

パイレーツボスはウェインたちを抹殺するため奥の手のビッグクラーケンを使う。戦いの末、ビッグクラーケンが倒され敗北となった。

パイレーツボス

海賊たちを率いる船長。欲深くメルフィスを自分の物にしたいほど。

魔物を飼いならす技量を持つ。

ビッグアリゲーター

海賊が飼っている巨大なワニ。一週間、何も食べておらず腹をすかしている。

捕まったウェインたちを始末しようと船長が放ったものの倒された。

ビッグクラーケン

パイレーツボスが手なづけている奥の手と言える巨大なイカのモンスター。

追い詰められた船長が放った。


ゴール将軍

デラーフに従っている将軍。幻惑の塔にあった超兵器を持ち運ぶためウェインたちへ戦う。

敗北するも持ち運ぶことに成功する。


リノ

ノースランドにいたメルフィスと顔がよく似た女性。デラーフがメルフィスの影武者として用意した。

騙されて連れてこられたためノースランドへ帰りたがった。

メルフィスに見つかり戦いが終わるまで待つよう言われた。

超兵器

幻惑の塔にあった巨大な兵器。四足歩行の機械の獣で大きな目玉を持つ。

ゴール将軍の兵士たちが持ち運んだ。デラーフがウェインたちとの決戦で使うも通じ壊された。


コーナス

エルコラーノの兵士。恋人はカリーナ。

仲間1人とともにミストラ洞窟にあらわれたエンシェントドラゴン討伐に行く(エンシェントドラゴンは町の子供を喰らおうとした)。

ウェインたちが助けに来てエンシェントドラゴンを倒せた。が、エンシェントドラゴンは生きており町に現れた。

ディオスがあらわれエンシェントドラゴンは一撃で死亡しコーナスは感謝しようとしたが「恐怖を与える」として殺された。

レイドック

モンスタートラック主催者。優勝者には祝賀会を開く懐の広さを見せる。

が、正体は「邪法使い」で死者を操る。モンスタートラックの目的は強い肉体を探し死体にし操るためである。

ウェインたちが優勝し眠らせて捕らえようとした。が、ディが怪しみウェインとディのみ隠し部屋へ逃げた。

全員を助けたに来た二人に対して最強の戦士を使い戦うも敗北。

ジャン

タンバの自警団の1人。仲間とともに地震を起こすディオスを倒すために塔へ向かう。

ディオスを見つけるもウェインたちに止められる。しかし、ディオス討伐に成功。

サミーと結婚式をあげるも突如ディオスがあらわれサミーに力を与え暴走させジャンを攻撃させる。ジャンはサミーの暴走を止めるため自殺した。

-エストポリス伝記

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.