千年戦争アイギス

【千年戦争アイギス】冥界軍

更新日:

概要

冥界軍とは千年戦争アイギスに登場する冥界の亜神ハイドース率いる軍勢。

本拠地は冥界だが、。所在地不明

ハイドースがダーク王子の復活を機会に動く。目的は「ハイドースによる世界の破壊」。主にハイドースを負かしたアダマスを信仰する白の帝国を狙う。

ただし、ハイドースはディアスのやり方を嫌い「自身、幹部、協力者は使い捨てにしない」と心がけている。

冥界の霊たちを中心に地上で現在の状況に不満を持っている者たち(種族問わず)と協力している。

特徴

幹部相当の者たちはハイドースが用意した闇水晶を使い力を上げる。これによりさらなる力を得られる。

ハイドースの力によって死者を一時的に蘇らせることは可能(時間制限があり無尽蔵に蘇生はできない)。

主要人物

亜神

ハイドース - 冥界の亜神。

生者

竜将クロコ - 元魔王軍幹部。ハイドースに手腕をかわれ側近となり竜族(反白の帝国)を率いる(クロコはハイドースを怪しんだ)。

リンクス - 帝国領の獣人の姫で獣人族を率いる。ガオレオンがチャンピオンを辞めて王子たちに手を貸すことに失望し冥界軍へ入る。

オークロード - 白の帝国に領土を奪われたオークたちの族長。

ベラート - 白の帝国伯爵にして白の王国の血を血を引く。ベラートに同調した兵士たちを率いて多数の兵器を持つ。白の帝国の情報をハイドースに売った。

セグナンド - ダークエルフの族長。

蘇生された者たち

異界召喚士 - ダーク王子捕縛のために蘇生されたもののハイドースを怒らせ蘇生を解かれた。

オークの勇者 - オークロードの父。かつて領土争いで白の帝国へ戦い戦死。

竜族の長 - 千年戦争に参加した竜族を先祖にする黒い竜。かつて魔界武術大会に参加したが、シャディアの不意打ちで殺されたが現在は恨んでいない。

活躍

ダークネスリターン(2021年4月1日)

ダーク王子を仲間に引き込もうと画策する他、ダーク王子の実力と考えを試す。

実力がわかったものの「世界を愛している」ことを聞いて協力を取りやめ好敵手として接することにした。

帝国大戦 第一陣(2021年6月10日)

オークロード、リンクスとともにハイドースが白の帝国へ地上から攻め入る。

帝国大戦 第二陣(2021年10月28日)

セグナンド、ベラート、クロコとともにハイドースが海岸から攻め入る。

帝国大戦 第三陣(2022年3月3日)

ベラート率いる白の王国軍との戦い。ベラート側から多数の兵器が使われた。

白の王国軍の拠点が制圧されたもののハイドースにより冥界へ来るよう言われベラートは冥界へ撤退した。

帝国大戦 第四陣(2022年8月18日)

冥界軍が総出で戦う。

ハイドースがアダマスの神器を破壊することに成功するが、アダマスが自らの体を使いグラティアによって新たな神器となった。

皇帝が新たな神器でハイドースを倒しハイドースが撤退する。

最中、西の砦の戦いでリンクスが王国軍へ破れガオレオン及び帝国外の獣人たちと和解する

-千年戦争アイギス

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.