千年戦争アイギス

【千年戦争アイギス】鬼刃衆(きばしゅう)

更新日:

わかりやすいシーン

鬼刃衆「ついに手に入れたぞ!」

忍者「おおっ!」

鬼刃衆「如何にも!」 ゴクリゴクリ ボカボカッ

過去:鬼刃衆「む、無念……」

現在:鬼刃姫「めっ!」

概要

鬼刃衆(きばしゅう)とは千年戦争アイギスに登場する組織。奇人衆(きじんしゅう)ではない。

頭目は鬼刃姫。鬼の鬼刃姫を除き残りはすべて人間で構成される変わった組織構成になっている。

魔神の欠片(骨片とか)を集めて力にしようとする。

調査能力はすさまじくどこからともなく魔神の欠片の情報を収集し欠片を手に入れる(戦場で拾ってくるらしい)。

王子たちへ何度も戦うも酒呑童子との戦いで共同戦線を張り鬼刃姫が今までのことを謝罪し王子たちの仲間となった。はず。

魔神の欠片服用(通称:拾い食い)

鬼刃衆は魔神の骨片をどこから入手し服用する。服用のしかたは煎じて飲む(そのまま食べる場合あり)。

服用したら特殊能力を得る(魔神の個体によるが副作用で苦しむものもある)。ヴェパル、ビフロンスの骨片を服用した際は副作用が起きずまともに戦えた。

魔神の欠片服用に至ったのは「鬼刃姫を助けたい一心」。いわば忠誠心である。

魔神の欠片は厳重に保管されており盗まれた場合、下忍が処刑される。

王子軍の見解では効果は一時的なもので時間が経過するとなくなるとされる。王子たちは欠片服用の情報を知ったのはヒエンが鬼刃衆に察知し問い詰めたことから。

鬼刃姫はこの行動を「拾い食い」と称した。

鬼刃姫の見解

鬼刃姫は欠片服用の危険性に関して「まったく知らなかった(酒呑童子たちも知らない)」。そのため服用は「部下たちに独断によるもの」。

過去の戦いを見れば「鬼刃姫の前で服用しても鬼刃姫は「鬼刃衆が鍛えた賜物」としか見ておらず危険性を知らなかった」。

鬼刃姫に知られてからは控えようとしたものの裏でしている。それどころかやめる気配がない。

服用された魔神

1.アモンの骨片 - 2回使った。体が燃え上がり火を出す。ただし、高熱で苦しむ(鬼刃衆は気合で防いだ)。セツナが愛用している。

2.フールフールの骨片 - 電気を放つ。ただし、自身も電気で苦しむ。

3.ヴェパルの骨片 - 相手を蝕む力を持つ。

4.ビフロンスの残片 - 2回使った。周りの士気を高める。2度目は対天界用として用意したが、使い方を間違えたのか強化したものの凶暴化した。

5.アガレスの残片 - 不明。

6.酒呑童子の血肉 - 死体になった鬼刃衆へ与えられた。力を得るも自我を失い凶暴化する。ただ、1年後で鬼刃衆は「どういうわけか自我を保てた」(ヒバリは節分豆の影響で酒呑童子の影響が薄れたと見ている)。

7.フェネクスの身体の一部 - 再生能力を得るも苦しみのたうち回る。ここから鬼刃姫に魔神の欠片服用の危険性を知られる。

8.グシオンの欠片 - 傷つけられたら身体が強化するも凶暴化する。鬼刃姫が鬼刃衆へ注意した。

9.グラッシャラボスの欠片 - 対魔王軍用として手に入れた。肉体強化はするも凶暴化する。

魔神以外

闇の精霊 - 肉体強化。鬼刃衆と相性がよかったものの王子軍に返り討ちにされた。

魔血塊 - 異世界から調達した鬼の血。力を得られるも凶暴化する。タチバナ、セツナも服用。

服部半蔵が残した香 - 吸うと力が増す。

アンモナイトクラーケンの骨片 - 魔物だが変わった動き方が可能。

鬼刃衆コント

服用で暴走する様が「コントに見える」。鬼刃衆が出ることは「コントが始まる」と言っていいほど。

名前付きの鬼刃衆の忍者が出るも「普通にコントをする」。

鬼刃姫の立ち位置はもはや「常識人兼ツッコミ役」と言っていいだろう。

メンバー

鬼刃姫 - 頭目にして「酒呑童子の娘「茨木童子」」。ただでさえ鬼刃衆が魔神の欠片を飲むため「常識人に見える」。

タチバナ、セツナ - 鬼刃忍。魔神薬を服用して戦うことは可能(鬼刃衆によると欠片への耐性があるらしい)。しかもコントに参加できる。

鬼刃衆 - 般若の面をした忍者たち。通称「鬼刃忍」。

忍者 - 下忍。主に上官である鬼刃衆から魔神の欠片を飲まされる。

外部からの評価

アンナ - 調査能力は認めるも服用することに呆れる。

アニータ - 骨片を煎じて飲むことを聞いて呆れた。

ルイーズ - 鬼刃衆が王家で管理していた骨片を狙いルイーズは「魔神を復活させる」と思っていた。さすがに「骨片を煎じて飲む」なんて考えつかないだろう。

歴史

2010年代後半

敵対時期

2015年7月30日「闇司祭と邪教の祭壇」 - アザミを狙うも王子たちと戦うことになる。鬼刃衆が最初に登場した。

2015年8月27日「風水士と紅の教団」 - アニータに骨片が盗まれるも理由を知り返された。

2015年9月10日「ゴールドラッシュ」 - 鬼刃衆がアモンの欠片を服用。ここから芸が始まった。

2015年10月15日「亡国の姫と忍者軍団」 - 砦にある魔神の骨片を狙い王子たちへ戦う。

2015年11月19日「光と闇の聖霊」 - 鬼刃衆が闇の聖霊から力を得て王子たちへ戦う。

2016年3月10日「莫邪の宝剣」 - 鬼刃衆がフールフールの欠片を服用。

2016年5月19日「時をかける魔女」 - 鬼刃衆がアモンの欠片を再び使う。

2016年7月7日「邪仙郷の罠」 - 鬼刃衆がウェパルの欠片を服用。

2016年7月28日「ゴールドラッシュ」 - 鬼刃姫登場。

2016年8月12日「第二次妖怪大戦」 - 酒呑童子殺害のため鬼切りを狙い王子たちへ戦う。

2016年8月25日「帝国の治癒士」 - 鬼刃衆がビフロンスの欠片を服用。

2016年10月6日「ぬらりひょんの娘」 - アガレスの欠片を鬼刃衆が服用。

2016年10月20日「ゴールドラッシュ」 - 鬼刃衆が剛力で王子たちへ戦いを挑む。

2016年12月29日鬼刃姫実装。

和解後

2017年1月12日「討妖の狙撃手」 - 酒呑童子との戦い鬼刃衆が全滅し酒呑童子の血肉で鬼刃衆が復活されるも鬼刃姫に造反し散り散りになる。これを機会に鬼刃姫と王子たちが和解。

2017年は鬼刃衆が酒呑童子の血肉により1年間も東の国で放浪し「2018年になるまでコントなし」。

2018年2月1日「青鬼娘と鬼一門」 - 正気と狂気の境の状態の鬼刃衆が見つかり正気にさせ鬼刃衆と王子たちは和解した。

2018年5月10日「ゴールドラッシュ」 - 鬼刃衆が忠誠心でフェネクスの欠片を服用。この時に鬼刃姫が魔神の欠片の危険性を知り禁止を言い渡す。

2018年8月30日「東方のかぶき姫」 - 鬼刃衆が忠誠心でグシオンの欠片を服用。

2019年3月22日「琵琶の仙女と憂愁なる調べ」 - 鬼刃姫、鬼刃衆、セツナ参戦。

2019年7月18日「白き姫と魔獣の剣」 - 鬼刃衆がビフロンスの欠片を服用。鬼刃姫に「めっ」され鬼刃衆は欠片の服用を控える。

2019年9月26日鬼刃忍セツナ実装。

2019年9月26日「紅の魔術師と魔界の騎士」 - セツナが魔神の欠片使用してはならないことを無視し新鮮な魔神の欠片を服用。

2020年代

2020年3月12日「王国軍の慰安旅行ー温泉編ー」 - セツナが魔神の欠片を使用。

2021年2月25日鬼刃忍タチバナ実装。

2021年3月18日「背教の剣と信仰の騎士団」 - 鬼刃衆がビフロンスの欠片(タチバナとセツナが戦場から拾ってきた)を服用。

2021年5月13日「なないろの異世界交流物語」 - 鬼刃衆、タチバナ、セツナが魔血塊を服用。

2021年8月26日「異界地獄行」 - 鬼刃衆と忍者が服部半蔵が残した香を吸う。

2022年7月28日「金魚姫と夏夜の肝試し」 - くじ屋と射的屋を出すもラトゥール、ダニエラ、ナナリーに景品が根こそぎ取られかくなる上として「アンモナイトクラーケンの骨片」を服用(魔神の欠片ではないためノーカンと考えた)。

鬼刃衆の謎がある。それは「鬼刃衆が作られた経緯」。

鬼刃姫が酒呑童子を倒すために作ったものの「魔神の欠片を飲むはどう考えても鬼刃姫考案ではない」。

組織作りが意外と謎。

-千年戦争アイギス

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.