千年戦争アイギス

【千年戦争アイギス】グルメジャングル

投稿日:

概要

グルメジャングルとは千年戦争アイギスに登場する島。上陸方法は海上から船で行く。

オーガスタ曰くグルメジャングルの名前は通称らしく猟師、料理人から言われている。

2020年8月13日「夏祭り探検隊 幻の食材を追え!」から登場する。

文明社会から隔絶しているものの独自の食材、生物が存在する。そのため、立ち寄る者もいる。

「グルメジャングルは夏のち鮫」にて冬にてルチアがグルメジャングルへ訪れるも「夏のような気温」と感じている。

しかし、グルメジャングルにはドラコレックスが存在し食材が市場に流通しない。希少性は天界の料理人のオーガスタが認めるほど(「グルメジャングル夏のち鮫」)。

危険地帯

グルメジャングルは島の名前自体ふざけているが、内部は「怪奇現象が頻発する危険地帯」。

魔物が非常に強い他、島独特の食べ物や謎の場所があったりする。未だ、何があるのかわからない場所であり何が起きて帰ってくるのか謎。

レギーナは「常識の通用しない食の楽園」、「奇跡の生態系」と称した。

魔物

ドラコレックス

赤い竜族にして「グルメジャングルの王者」。数多の猟師、料理人を返り討ちにしグルメジャングルの食材が市場に出せない最大の原因。

闘争心が非常に強く同族であろうと縄張り争いをする。

最高のドラゴンの肉が取れるとして最上級の獲物と目されておりレギーナから狙われる。

干し肉ですら貴重なものでデューオがドラコレックスの干し肉を食べたとリーンベルに話すと驚かれるほど。

ドラコラプトルと原住民

グルメジャングルの原住民と原住民たちが崇拝対象としている竜族「ドラコラプトル」。

原住民は外部から来た者を殺しにかかりジャングルの土に変えようとする。ドラコラプトルは獲物を見つけるとすぐ襲ってくる。

普段はチョコレート畑を耕している。

かつて英雄王がドラコラプトルを倒したことで王国軍に有効的(ただし、初見は王国軍と知らず殺しにかかってきた)。

レーヴ曰くドラコラプトルの肉の味はドラコレックスとは違う味がするらしい。

チョコマイコニド、チョコトレント

グルメジャングルにて原住民がチョコに魔力を与えすぎて誕生した魔物たち。

トレントはHP再生が高く、マイコニドは存在するだけで王子たちへ微小なダメージを与える(マイコニドの数だけ)。

この2体の魔物の食感はいいらしい。

「デーモンシェフお菓子工場」にも登場するため製造方法そのものは簡単だろう。

魔物そのものの再生力

グルメジャングルの魔物は「再生力が非常に高い」。

新鮮な肉の状態で保存し運搬していても「花火や大きい音を立てると目覚め「復活する」」。

グルメジャングルの魔物の異常な部分であり「油断ができない」。

王子型チョコ

「魅惑のチョコレートトラップ」に登場した王子の形をしたチョコ。ドッペルゲンガーと違い「能力、性格、癖」を完璧に模倣する(チョコであるため色が変)。

能力を模倣した王子であるいるだけで周りにバフをかける。

巨大な王子型チョコも登場する。

レギーナ曰くこの現象について「グルメジャングルに踏み入った強者を植物が模倣する」とされる。

カカオ豆

グルメジャングルで取れるカカオ豆。しかし、効力は「一時的に相手を巨大化させる」というとんでもない副作用を持つ。

実験にされたオークの勇者はカカオ豆を食わされ巨大化(興奮状態に陥った)。

「デーモンシェフお菓子工場」にてデーモンシェフが巨大なチョコレートを使うために見つけた(過程でオークの勇者が巨大化した)。チョコに混ぜると巨大化せる。

チョコの沼

チョコの魔物が生成される危険な沼。

生成される魔物は「チョコの沼に浸かる」ことにより誕生する。沼自体が相手の特徴を把握し知性のあるものを作ったりする。

2022年2月3日「恋と欲望のチョコレートナイツ」にて登場。

沼ができた正体は「マンモン教団(非モテ集団)が数年かけてグルメジャングルで儀式をした跡」。

マンモン教団が作ったため沼からあらわれた知性を持った生物たちはマンモン教団を「創造主」と呼ぶ。

「誘惑のバレンタイン戦線」にてメメントが作ったチョコスケルトンが存在する。チョコであるためグルメジャングルにあらわれる。

「グルメジャングルは夏のち鮫」ではスカーが修行と食事を込めて向かう。

-千年戦争アイギス

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.