はきかシリーズ

【ゴーストパス】シェイク

投稿日:

概要

登場作品:ゴーストパス、エルラサーガ、ルインズワルド、ゴーストパス2

シェイクとはゴーストパスの主人公。

カノン出身の引きこもりで家が好き。ただし、喧嘩無敗という異様な戦歴を持ち戦いになるとやる気が起きる。

昔は闇魔法が使えたものの現在は光魔法となっている。

2では顔が引き締まっており痩せたように見える。

現在は弟ともに住んでいる。掃除は弟に任せて自身は料理を担当している。

はきかシリーズの主人公において唯一“普通の人間”。

性格

気怠くやる気がない。ただし、好戦的で戦いになるとやる気が起きる。

長く引きこもり外の感覚が全然わからない時もある。

無敗伝説を誇っているが負けた時のヘコみ具合がすごく言い訳を始めたりする。

どんな動物にも動じず狼ですらかわいいと感じる。ただし、鶏に関しては冷たい。

弟やテラに甘えるがそれ以外の人間には毒舌を吐く。自分より年上の男性は全て「おっさん」と決めつけている。

ドッグダウンの死ぬ可能性がある炭鉱業をあえてやっている姿を見て嫌っている。

マウは花が好きで気にいっている。

服装

変わったパーカーを着ているがミニスカートとかなりきわどい。本人はまったく気にしていない。

秋水京の人間から「誘っている」と思われるほど。

シェイクを倒した者たち

喧嘩無敗伝説を誇るシェイクだが他の作品に登場して負ける。

1.リューナス一行 - ワイン、メルトと挑み敗北。

2.ラニエ一行 - 単独で挑み敗北。

活躍

ゴーストパス

テラが呪われモクの力でゴーストパスの能力を得てテラを探す旅に出る。

エルラサーガ

ゴーストパスの力によってジャダール帝国に来るもお金が切れてモクから働けと言われてエンサにてレストランの店員をする。

幻覚に陥りメルト、ワインとともにモクを魔物と見て攻撃する。リューナス一行に倒されヘコむ。

ルインズワルド

集いの祠にてあらわれ試しにラニエ一行と戦う。敗北し言い訳を始めた。

ゴーストパス2が始まる前

ゴーストパスの世界に帰還し長く引きこもり生活を始める。その結果、戦い方を忘れてしまうほど弱体化する。

ゴーストパス2

弟から世界の地形が変わった情報を聞いてテラから詳しく聞き洞窟に魔物が出たのでテラとともに向かう。

関係者

ゴーストパス

弟 - 実家で一緒に暮らしている。

テラ - 親友。

モク - 妖精。

ブラン - ヘタレであり扱いが悪い。

ワイン - 占い師。仲間。

メルト - 戦士長でシェイクと同じく面倒くさいことを嫌う。仲間。

ヤミヤ - 謎ののじゃロリ。仲間だがはっきり物を言うため相性が悪い。

リゼ - ルディーク調査団団長。仲間になる。

調停者ラダルバドゥル - シェイクの天敵。

カリス - テラを利用して呪いをばら撒き用済みとして殺そうとしたため憎んでいる。

魔竜スートラグナ - アルセアの一件、大変動の元凶。

闇の信徒 - スードラグナの信奉者。

リューナスたち - 自身を打ち負かした相手たちその1。

ラニエ - 打ち負かした相手その2。お互いに誰なのか忘れているが、シェイクは本能でいじめてやろうとしたりするので本能は覚えている模様。

クロエル - テラが嫉妬するほど中の良さを発揮する。

スピカ - スピカをひと目見ただけで賢いと思わなかった。

余談

普通の人間

シェイクははきか作品において「人間としてはダメ人間だが、主人公としては普通の人間」である。

ジャックはアトライン製人造人間、リューナスはエルラ、ラニエは改造人間、リファーは猫と人間のハーフ、Liberty Stepの主人公は想像上の生物、Sequelシリーズの主人公のマナタンクは人造人間(メインヒロイン枠を除く)、アサイラムのマリスは複雑な過程で生まれた存在。

これらの面々を見てもシェイクがどれだけ普通の人間なのかわかる。

外見は人間だが本当の意味で人間なのはシェイクだけである。


-はきかシリーズ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.