はきかシリーズ

【歯車の街アトライン】登場人物

投稿日:

ガルナン

エイバースが飼っている狼。利口だが、初見でジャックたちを襲ってしまった。

サンドレル

アトライン第三区画出身の男でジャックと同じく太陽灯の影響を受けない。アネッサの恋人。

身体能力は高く、大きく飛ぶことが可能。

コルノースと知り合いジャック達の情報を知りお互いに情報提供をすることにした。しかし、ルーフィンに捕らえられて住む。隙きを突いて持ち前の身体能力で脱獄。が、ウィルセンに捕らえられ列車に轢き殺され死亡。

しかし、ウィルセンは死んだと言ったが、後の住民の反応から察するにどう考えても生きているしか思えない。

アルガータ

ルーフィンの管理者。青い髪の少女でヤッコの知り合い。

一人称「我」で威厳のある喋り方をする(素でこれらしい)。

性格は真面目だがうっかり癖がありうっかりと重要なことをジャックたちに話してしまい自分の管理能力に悩む時がある。

アトライン全域を見通す力がある。

イルシャ

第一区画に住む老婆。物知りで住民から慕われている。

テンポが悪すぎて話しが長い。

どういうわけかウィルセンを「メーサ」、コルノースを「ダン」と言っている。ここは謎。

ソッズ

第一区画に住む一級歯車技師。

ジャックの知り合いで仲はいい。ハゲであり指摘されるとキレる。

絶対零度の雪女(雪に舞いし姫君)

ムラサキ谷(紫咲谷)に住む雪女。青属性の使い手。

人型の魔物だが喋れない。意外と性欲が強い。

ムラサキ谷に出没し雪だるまを作っていた。しかし、悪意は無かったが雪の街から気味悪がられた。

リファーの依頼で幻煙の神が存在するのか確認のため来たジャックたちと交戦し負ける。

sequel blightでは紫咲谷に相変わらず存在する。冒険者を捕まえたりする。主人公たちに敗北し冒険者は解放された。

はきか作品でも最古参の魔物女子。ただ、殺人少女やココトコの方が目立っている。

天蓋に届くドラゴン

月と太陽塔の最上階を行き来するドラゴン。専用BGM「機械仕掛けの朝」。

負けず嫌いで負けばかりは嫌い。

ジャックたちと一度戦うもその時は本調子ではないとして再戦を要求し戦い再び負ける。

エルラサーガではジャックにまだつきまとっておりジャックがリューナスに戦いを依頼した。

エイバースはドラゴンの仕草で何を考えているのかわかるらしい。

-はきかシリーズ

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.