夕雲型(艦これSS)

【艦これSS】ラバウルの案内人涼波

投稿日:

Contents

1

涼波「はーい! 今日はあたしがラバウルを案内するぜ!」

夕雲型「おー!」

涼波「ラバウルのすばらしいところを教えるからついてきて!」

夕雲型「おー!」

涼波「現地の人とは仲がいいから大丈夫!」

夕雲「そう言えば涼波さん、現地の人と話せますか?」

涼波「だいじょうぶ! ちゃんと話せるから!」

2

涼波「ここはかつて戦いがあった場所だよ今もこうして残ってる」

早波「前の戦争の遺産だよ。こうしてみると前の戦争の記憶を思い出すね」

藤浪「うん、それ思った」

夕雲「こういうところは残して置いたほうが良さそうですね。後世の人にこういうことがあったと伝えておいたほうが良さそうです」

涼波「そうだ! じゃあ、次はラバウルというよりパプアニューギニアの料理を紹介するぜ!」


3

涼波「はーい、パプアニューギニアの名物「ムームー」だよ! 現地の人から教えてもらったから大丈夫!」

夕雲型「いただきまーす!」

涼波「芋が多いのは特徴だから芋が好きな娘にはいいよ!」

高波「おいしい……かも」

巻雲「おいしいです!」

涼波「おいしい!」

ラバウル現地のおじさん「涼波ちゃん! 今日はクリスマスだからケーキ持ってきたのじゃ!」

長波「あ、クリスマスか! そうか、もうそんな日か!」

4

涼波「あれ、12月なのにどうして祭りをするの?」

長波「涼波、ひょっとしてクリスマスを知らない?」

涼波「クリスマス? なにそれ?」

長波「……知らないの?」

涼波「いやー、現地の人とは仲がいいけど任務で忙しくってこういう行事は知らなくてさ……」

長波「……そうなんだ」

-夕雲型(艦これSS)

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.