神撃のバハムート

【神撃のバハムート】リテュエル

投稿日:

概要

リテュエルとは黄金都市となったゴルディナ王国の王女。声は下屋則子。

性格は前向きで幾多の不幸に遭遇してもめげない。そうめげない。

公式で抱き枕が存在する。

不幸

神撃のバハムートにおいて「すさまじい不幸体質の持ち主」。尋常ではない不幸体質でありどこらともなく隕石が落ちてくるのは当たり前。

リテュエルの不幸体質を対処できるのは騎士とソニアの2人。

一覧

1.故郷が黄金化しほとんどの住人は動かなくなる。騎士が首飾りを持ってくるまで黄金化していた。

2.隕石が天文学的確率ではなくいつ落ちてもおかしくない(歩く寝ている時ですら落ちてくる)。

3.頻繁に躓く。根っこ、石等。

4.何の前触れもなく罠が発動する、木や柱が倒れる。

5.リノセウスに殺される。 ※神秘の水を飲んで復活

6.リテュエルに触れると自身の大事な物めがけて隕石が落ちてくる。

7.子供の蹴ったボールがすべてリテュエルに命中。

8.落とし穴が“あった”。

ソニア

黄金都市の守り人一族の末裔で現在はソニアの従者。声は内山夕実。

先祖が黄金死都化した黄金都市から黄金化したリテュエルを連れて脱出しソニアの代まで解呪を待っていた。

性格はクールでリテュエルの不幸を対処できる。しかもリテュエルが不幸に遭遇した際に他の場所も把握可能。

活躍

黄金死都と王女の首飾

ミダースを殺そうとした刺客があらわれ守ろうとしたがミダースに触れてしまい黄金化する(解放されるまでソニアの一族が守っていた)。

ソニアに雇われた騎士が持っていた首飾りにより解放され黄金死都となったゴルディナを解放するため魔物化したミダースを止めにいく。

ミダースを解放し黄金化したゴルディナを解放するため奔走する。

神秘の聖森と災厄の王女

ゴルディナを戻すため神秘の水を求め聖なる森へ騎士とともに向かう。しかし、道中で木が次々と倒れたりした。

アレンと会い探し神秘の水を見つけた他、アレンが聖なる森で一度死んでいることを知る。

リノセウスに殺され騎士が神秘の水を使いリテュエルを復活させる。

奇跡の妖精と滅びの街

ソニアとともに愛の街「ヴィル・アモール」へ向かったが、そこはジンジャーによって人々が人間不審になっていた。

ジンジャーの心を開かそうと説得するも最終的にジンジャーを対処できたのはジンジャーを本当に愛していた男ネフィリオだった。

今回は不幸へそこまであっていない。

孤独な少女と森の魔女

倒れていたタリエに神秘の水を飲ませ復活させる。が、タリエこそがリノセウスを操っていたケリドウェンの体にして本来の人格と知る。

ケリドウェンの目くらましを受けケリドウェン(タリエ)はどこかへ行ってしまい騎士とリテュエルは2人を覚えていた。

若女将の奮闘記~ケラケラ浴場へようこそ!~

騎士、ソニアとともにケラケラ浴場へ行くがここでも不幸さを発揮し隕石を降らせたり魔物を呼びケラケラ浴場を半壊させてしまい働くことになった。

ケラケラ浴場を狙うゼフィラによって人質に取られそうになったが隕石が落ちてきてゼフィラの旅館が全壊しゼフィラが部下を連れて撤収した。

契約の匣と隠遁者たち

黄金都市の原因がわかり騎士を呼ぶため依頼する。契約の匣を求めシトラスの案内で地下遺跡へ向かうも隕石が落ちてきた。

地下遺跡の探索へ向かうも遺跡が崩れたりした。脱出できたものの契約の匣をミデロに奪われた。

ただし、ミデロの反応を察するに黄金化の呪いの解除方法は基本的に「かけた本人」だがリテュエルは兄(黄金化の原因)の思いで解けたため可能性があると見ている。

アクエリオスカップ キックオフ!

騎士とともにアクエリオスカップを見に行き夢が叶うエーテルボールを手に入れることを決めた。ソニアは客として登場している。

騎士と自身の他、ルディア、サレファでチームを組み参加(途中、子供たちが蹴ったボールの流れ玉がリテュエルに命中)。

決勝戦で自身の不幸を利用し相手の選手を落とし穴へと落とした(ソニア曰くフィールドには7つあると見ている)。


関係者

ゴルディナの人々

ミダース - 国王にして兄。外部から得た黄金の力を使いゴルディナを栄えさせたが滅ぼしてしまった。

ソニア - 騎士とともに自身を助けてくれた。

アレン - 魔法使い。聖なる森にて神秘の水を求めたがケリドウェンのリノセウスに殺された。

騎士 - たびたび助けてくれる。騎士へデレている。

-神撃のバハムート

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.