神撃のバハムート

【神撃のバハムート】魔法の国マジカリア

投稿日:

概要

魔法の国マジカリアとは神撃のバハムートに登場する国家。「魔法提督ラブリー☆モニカ」、「魔法少女ラブリー★モニカsweets!」の舞台。

マナリアと同じく魔法が発達しており、魔法で発展した。特筆すべき点は「魔法少女になれること」。この点はマナリアに無く独自のものである。

かつてマナリア魔法学院の教師ミラがマジカリアに住んでいた。

魔法少女の条件

魔法少女の条件は「小さな女の子」だが、モニカやメドゥーサは女の子の年齢をすでに越えており明らかに「小柄な身長ならなれる」と思われる。

魔法少女になると「自分が思い描いた物が具現化する」。

チェレッタ、エストがなろうとしても無理だった(チェレッタは「ふしだら」、エストは「大きい」)。

魔法少女になれなかった者のは自称して魔法少女になる(例:ミラ、エスト)。しかも見分けが難しくバロンですら「増えた」と思ったほど。

マジカリア外でも行使可能になる正式な契約は「女王から許された場合のみ」であり魔法生物との契約の場合はマジカリアでしか行使できない。大人になると辞めさられる。

ミラはかつてマジカリアで魔法少女をしていた(ただし、復帰できると思い女王に話すも「いろいろと無理」と断られた)。

住人

モーラ

モニカと契約した魔法生物。しゃべることが可能。

兄がいたものの他者を変身させる能力を持たず自身を変身させる能力を持っていた(これが原因で周りにいじめられたが、バロン襲撃で助かった)。

バロンに襲撃され女王の力で脱出する。傷ついたところをモニカに助けられバロンとの戦いで魔法少女として契約する。

エクストラストーリーにてモニカに毎日毎晩呼び出され困ったがヴァーレリアに行けるので楽しんでいた。

クイーン・マジカリア

マジカリアの女王。胸がすごくでかい。

魔法使いだが本人は戦闘能力がほとんどなくバロンに王宮が制圧されるため強くない。

マジカリア外でも魔法少女の力を行使可能にできる正式な契約を持つ。

モニカ、メドゥーサに正式な契約を締結させた。かつて少女時代のミラを魔法少女にしていた(現在は解除済み)。

余談

プリコネRで新たな魔法少女カスミ(15歳)、シオリ(14歳)があらわれた。メドゥーサとモニカと違い年齢がちゃんとした少女であるためおかしくはない。

-神撃のバハムート

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.