神撃のバハムート

【神撃のバハムート】ルチル

投稿日:

概要

ルチルとはスピネの天空城に住むホムンクルスで天人の秘法を止めるために作られた。声は佐藤利奈。

過去に天人の杖の悪用を防ぐためアキムとサーシャに託し天空城の一部を海へ封印した。ただし、アキムのホームシックで戻ってしまった。

普段はアーティファクトの整備、キマイラ(合成獣)と竜の健康管理をしている。

スピネにとって妹のような存在だがスピネからあまり自覚はない。

性格

スピネと比べて明るく話しやすい。

スピネと仲良くしようとヴァンピィの喋り方を真似たこともある(ルチルにとって黒歴史)。

戦闘能力

ほぼない。実際に戦っている場面が少ない。体力はほとんどなく走るだけで疲れる。

肝心の天人の秘法を止められたかと言うと「まったく止められない」。

ヴェラとの戦闘後、スピネと共同で天空城の管理をしているため天空城の権限が付与されている。

活躍

漆黒の天空城と終園の少女

ヴェラが天人の秘法を発動したため目覚め止めるために動く。スピネや騎士とここで知り合う。

珍品続出!ヒミツのオークション

闇のオークションへ行きガレットと騎士ともに聖なるカカオを落札しようとした。

途中、ユリウスが入りユリウスが聖なるカカオのクッキーを試食したものの暴走し騎士を強奪した。ガレットともにユリウスを止めた。

聖なるカカオを落札しガレットから聖なるカカオを分け与えられクッキーを作りスピネに食べさせた。

いつか、重なり合う未来へ

「天空城と最後の姉妹」にて登場。

復活するもヴェラに圧倒され、ヴァンピィとサフィラを失ったスピネが冷静さを失っている。騎士の助けでスピネが冷静さを取り戻しマグナレガシーを2人で撃つことにした。

結果、マグナレガシーでヴェラ周辺のアーティファクトが殲滅されヴェラを封印することができた。

終焉、天より来たりて

テーテジスがスピネの友人になろうとしたがヴァンピィに対してないがしろな発言をしたことで敵対する。スピネは天空城の権限で追い出そうとしたが掌握されルチルはスピネ、騎士、エヴァミアを逃すため脱出口を作り脱出させた。

奪還されるまでヴァンピィとルチルはテーテジスに捕らえられた。

黒銀、天より羽撃きて

スピネたちが天空城を奪還したおかげで解放される。その後、星の城にて合流する。

奇跡の聖夜~さよならを告げる夜~

スピネとともに天人の秘法について話していた。

-神撃のバハムート

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.