神撃のバハムート

【神撃のバハムート】ロミオ、ジュリエット、ロザライン

投稿日:

概要

ロミオ、ジュリエット、ロザラインとは神撃のバハムートに登場するカードたち。

ロミオとジュリエットの最期は二国の決戦が終わり残った荒野にはジュリエットの秘剣、ロミオの魔剣の二本だった。

元ネタはシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」。

ロミオ

若い魔将軍。魔剣使い。

戦いの最中、ジュリエットを知り恋に落ちる。

決戦前夜にジュリエットへお互いの再会を望み「剣の交換をした」。

決戦ではジュルイエットの秘剣を持って駆けジュリエットを探していた。

ジュリエット

王家の秘剣を使い戦う姫。戦場に出て戦っていた。婚姻があるも望まぬものだった。

ある日、ロミオと会い愛し合った。

決戦前夜、ロミオと神にロミオとの誓いを告げお互いの剣を交換し「再会すれば永久に離れぬ」とした。

戦いの最中、ジュリエットはロミオの魔剣を手に駆けていた。

ロザライン

ロミオの元恋人の魔族。ロミオと恋仲だったが、戦いの最中にジュリエットを選んでしまい失望。

ロミオとジュリエットの間を引き裂くため仲間たちにロミオがジュリエットとつきあっていることを話す。しかし、ロミオは揺るがずあきらめた。

ロザラインの3枚のカードで唯一「ロザラインの独白」となっている。

-神撃のバハムート

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.