久遠の絆

【久遠の絆】太祖

投稿日:

概要

太祖とは久遠の絆に登場する土蜘蛛一族が復活させるための神。

まつろわぬ神々の一柱だが存在は強い。

現在、樟葉を依り代にしている。

性格

威厳がある口調なもののかなりの非常に身勝手で横暴。

器になる武へやたら注文し「体をくれ、妻を用意しろ、世界を支配しろ」と言うほど。勝手な人生計画を建てたりと身勝手。

太祖の人生計画

太祖の人生計画は「武の妻は沙夜。汰一の妻は栞」と本人たちの否応無しで勝手に決める。

活躍

二章

怨霊が武へ「母上(樟葉)に会わせる」と言って樟葉の姿であらわれ武へやたら注文してきた。

絵里を通し武が登極する意思がないと知るや絵里へ万葉と武の殺害、汰一と栞の捕縛を命じた。

四章

深く関わり樟葉を通して武、万葉、沙夜を愛宕山へ呼び出す。

正体

その正体は「八岐大蛇」。蛇の姿をし不完全な姿でも蛇の姿をしていた。

不完全であるも聡子を除く人間を圧倒。

トゥルールート

汰一を利用し完全な復活を遂げる。完全な姿は「山を超えるほどの8つの首を持つ巨大な龍」。

汰一から切り離されて姿を失うも武に入れられ武を蝕む。

万葉たち5人が武を救出するためあらわれたところで物語は終わる。

-久遠の絆

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.