黒の剣 Blade of the Darkness

【黒の剣 Blade of the Darkness】四つのラピス

投稿日:

概要

四つのラピスと黒の剣に登場する青い聖石。

四つの遺跡に存在しそれぞれ牙、鱗、羽、爪と竜の部位の名前を持つ。それぞれガーゴイルが守っている。また、四つの遺跡の奥には水があり貴族の塔の第二の封印が解かれ貴族の塔が崩れば水がなくなりラピスが取りにいける。

四つのラピスは石室群突破と黒の剣の第三の封印を解くための重要なアイテムとなっている。

一覧

爪のラピス

東の湖の遺跡に存在する。

羽のラピス

谷間の遺跡に存在していたがヴィイに先手を打たれ奪われた。

牙のラピス

黒竜洞の遺跡に存在する。ヴィイを倒した後にとれる。

鱗のラピス

マッカロックの遺跡にあったが、貴族に奪われ鱗のラピスを利用してクライツェンから出ようとした。

が、嵐に巻き込まれ生き残ったのはユーバウムの娘メルフィナのみで「鱗のラピス」を持っていたから助かった。

-黒の剣 Blade of the Darkness

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.