重桜(アズレンSS)

【アズレンSS】話に乗ってほしい隼鷹

投稿日:

Contents

1

隼鷹「ねえ、龍驤」

龍驤「どうしました?」

隼鷹「どうしたら指揮官が話を聞いてくれるのかな?」

龍驤(今さらですか?)

隼鷹「隼鷹がいくら話しかけても無視されるし、空母の皆はあまり話を聞いてくれない」

龍驤(知っていたのですか!?)

龍驤「隼鷹の話はわからなくてつい……」

隼鷹「そう……じゃあ、誰でもいいから話に付き合える艦を呼んできて」

龍驤「ええ、そうします!」

2

赤城「あら、隼鷹」

隼鷹「赤城先輩……話をうまくするには?」

赤城「単刀直入で言うけどあなたは自分にこだわりすぎているわ」

隼鷹「え!?」

龍驤(え?)

赤城「あなたは変な妄想にとらわれているわ。正直、アメリカの工作艦に頼んで……」

隼鷹「妄想じゃない! 本当だ!」

赤城「あ、そう。ごめんなさい龍驤、力になれなくて」

龍驤「いえ、大丈夫です」

どすッ!

隼鷹「うッ……」

バタッ

赤城「龍驤!?」

龍驤「すぐ、ヴェスタルのところへ!」

赤城「え、ええ……」


3

隼鷹「こ、ここは……」

ヴェスタル「まさか、荒治療で回復だなんて……」

龍驤「もうこれしかありません」

隼鷹「え?」

隼鷹(白い台の上? ヴェスタルが私の視界に……)

ヴェスタル「あら、起きたの? これから隼鷹ちゃんの治療を始めるわ」

隼鷹「な、隼鷹はどこも悪くは……」

龍驤「隼鷹、諦めなさい。もうこれしか方法がありません」

ヴェスタル「いろいろと試したいこともあるから許してね?」

隼鷹「そ、そんな……」

4

それから。

隼鷹「なんだろう、こう心が落ち着いてきた……」

赤城「そ、そう……」

隼鷹「ヴェスタルの治療は何かいいね」

ヴェスタル「ええ、そうです!」

龍驤「ヴェスタルに頼んでよかったです!」

赤城(別人になってない? 何か怖い……)

-重桜(アズレンSS)

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.