重桜(アズレンSS)

【アズレンSS】「義」を書く高雄

投稿日:

Contents

1

高雄「ふむ……よし」

愛宕「高雄ちゃん、習字をしているの?」

高雄「そうだ」

愛宕「どれどれ……」

愛宕「いい漢字じゃない」

高雄「いや、何か違う」

愛宕「え?」

高雄「もっとこう、字にこう強いものを感じさせるというか……」

愛宕「え……」チラッ

高雄が書いた大量の「義」。

2

高雄「福を書いたらこれでいいと思った。しかし、義は拙者なりの字にならない」

愛宕「私はこっちの「義」がいいけど」

愛宕(適当に選んだものだけどこれで)

高雄「それか。それは書き順や字体は悪くないが、どうも違う」

愛宕「その何が?」

高雄「筆ではねた時が違う」

愛宕「ああ、そういうこと……」

高雄「それと半紙が残り少ない」

3

愛宕「……義で使い尽くそうとしていたの?」

高雄「……しかけていたようだ」

愛宕「他の字を書いたほうがいいわね。例えば善や愛とか……」

高雄「なるほど。書いてみるか」

善、愛。

高雄「うむ、なかなかの字だ」

愛宕「それはそうと高雄ちゃん、指揮官は運のいい字を望んでいたわよ」

高雄「え!?」

4

高雄「それでは福がいいのか?」

愛宕「……そうなるわね」

高雄「半紙は……そろそろ尽きるか」

愛宕「じゃあ、1枚を持っていきましょう」

高雄「そうだな」

-重桜(アズレンSS)

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.