堀井ミステリー三部作

【ポートピア連続殺人事件】ヤス(真野康彦、間野康彦)

投稿日:

概要

ヤスとはポートピア連続殺人事件に登場する兵庫県警。ボスの部下で捜査をともにする。

本名は「真野康彦(まのやすひこ)」だが、携帯アプリ版だと「間野康彦」と表記されている。

山川耕造が何者かに殺され捜査する。最中に山川の関係者である川村が浮上するも何者かに殺された(平田が自殺し山川殺害の犯人と思われたが山川より先に死んでいたため違った)。

FC版にて耕造の日記を読んだらなぜかどもっていた。

正体

ヤスの正体は「文江の兄」。肩に蝶のあざがある。

旧姓は「沢木」。現在の姓は親戚から得たもの。

かつて洲本で妹ともに住む。父親は沢木産業を経営していた。

しかし、川村と山川の詐欺により父の企業が倒産し両親は自殺(おこいから山川と川村の詐欺被害の中でも1番だったらしい)。親戚に引き取られ両親を破滅に追いやった2人への復讐心を持っていた。

17日の夜、文江から鍵を借りて書斎へ入り山川を殺害した(死体は小宮と文江が発見するも文江は小宮が動揺した隙に鍵を内側から差し込んだ)。その後、川村を殺害した。

主人公の捜査で「文江の兄」とバレて事件のすべてを話す。密室の謎は隠そうとしたが文江が話した。

犯人はヤス

「犯人はヤス」とはヤスが犯人というわかりやすいネタ。基本、身内に敵がいるというネタで使われる。

由来はビートたけしの「ビートたけしのオールナイトニッポン」における実況プレイでヤスを目星につけたため誕生。

-堀井ミステリー三部作

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.