ダークメサイア

【ダークメサイア】融合体

投稿日:

概要

融合体とはダークメサイアで主人公を追いかけてくる化け物。

体は最初、人間に近かったが徐々に怪物化し最終形態は「主人公と同じ速度で歩く」。さまよう者曰く都市の影響で大きくなっているらしい。

地上にいたときは人間に擬態し襲い食らっていた(擬態していた姿はサラリーマン)。人間を見ればすぐ殺しにかかる(そのため記憶倉庫で後に生きていた人物たちが融合体に殺されたことが明かされる)。

銃を撃ってもひるませるのがやっとで死なないほど頑丈。

終盤にて喋ることができる。言っていることは高圧的で主人公たちを食べたがっていた。

ちなみに主人公が単独で祭壇へ到達した場合、「主人公の仲間たちを皆殺しにした」ことになる。

正体

正体は「闇の皇子の生体核」。意識は「皇子」そのもの。

導く者が、さまよう者の裏切ったことは想定外らしく意外と動揺していた。主人公が単独の場合、融合するよう促すも拒否される。

祭壇にて主人公との最後の追いかけを始める。祭壇の炎が停止し融合体も都市と接続した存在であるため機能が停止した。

-ダークメサイア

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.