ブラックジャック

【ブラック・ジャック 人物】動物

投稿日:

トリトン

登場:「シャチの詩」

5年前にブラックジャックが治療したシャチ。漁師たちから恐れられており子供や家畜を襲う人食いシャチと恐れられていた。

漁師たちに攻撃され傷ついていたところをブラックジャックが治療して友人となる。友達を紹介したが友達のシャチがブラックジャックを襲おうとして追い払った。が、トリトンの噂を聞いたブラックジャックはトリトンに人間がトリトンの悪行に我慢ならずトリトン討伐に乗ると言ってブラックジャックは帰った。

漁師たちの手で虫の息となったトリトンはブラックジャックに会うため真珠を何個も用意した。

しかし、ブラックジャックは悪行を知っているため治療を拒否し見殺しにした。

コマドリ

登場:「コマドリと少年」

ブラックジャックの家にお金を運んでいるコマドリ。実は腎臓の病気を持つ少年に愛されていたコマドリの内の一羽。

少年を治すためブラックジャックの家に金を運んでいた。ブラックジャックが少年の家を突き留めて治療したが、金を送るのをやめなかった。最後は1000円札を運ぼうとして石を投げたホームレスの石に命中しても気力を振り絞りブラックジャックの家に1000円を持ってゆき死亡。

なお、少年の部屋は女の裸のポスターを張っていたりと「それ、元気づけているのか?」と思ってしまう光景である。

ラルゴ

登場:「万引き犬」

なぜか万引きしている犬。ピノコが交通事故で傷ついたラルゴを見てブラックジャックに治すよう頼んだ。

ブラックジャックの家で飼われることになったが、万引きをしたりして周囲を困らせた。ブラックジャックがカイナン民主共和国からもらった宝石のアクセサリーを万引きし家の外に移動。

ブラックジャックとピノコは家の外に行きアクセサリーを中にいれるよう命令した。が、地震が起きて家は倒壊してラルゴは死んだ。

ラルゴが万引きしていたのは危険を感知する直感優れて万引きは人を危険から助けるための行動であった。

鳥たち

登場:「鳥たちと野郎ども」

南イタリアの干潟に住む鳥たち。トニオになついている。しかし、石油がとれると見たエレルモに狙われて、トニオの父は干潟を渡すのを拒否したが、トニオが撃たれた。

ブラックジャックにトニオの治療を依頼した父は報酬で干潟を渡すとしたが、断られるも鳥たちがブラックジャックを逃がさないようにした。治療を承諾して治療したが、トニオの父はエレルモの刺客に射殺されブラックジャックは刺客からトニオを引き渡すよう言われるも断り発砲する。

ブラックジャックとトニオが逃げて草むらに隠れるも鳥たちがついてきて敵に位置を把握される。トニオがついてきてほしくないというと鳥たちが逃げて敵は鳥が逃げた方向へ発砲しブラックジャックとトミオは助かった。

ゴリベエ

登場:「戦場が原のゴリベエ」

元戦場ヶ原のボス猿。権力闘争に負けてメス猿を連れて日光・金精峠で縄張りを作りハイカー4人と子供一人を襲い重傷を負わす。

ブラックジャックはマタギの又吉とともにゴリベエ討伐に行く。又吉は餌を用意しておびき寄せようとしたが雨が降り、雷が鳴ると銃がしびれて銃を捨てたら又吉が襲われてブラックジャックがメスを投げて命中してゴリベエが逃げて血のあとをたどりゴリベエを追う。

追うとゴリベエが巣におり巣にはミイラ化していたゴリベエのメス猿と2人の子供がいた。ブラックジャックはかわいそうに思いゴリベエを治療して去った。

一週間後、再びゴリベエに会いゴリベエがブラックジャックにメスを返したが又吉に撃ち殺された。

ナダレ

登場:「ナダレ」

日光・田母沢渓谷に住む鹿。巨体で毛が白い。大江戸が持つ鹿笛を好む。大江戸にかわいがられた鹿で弟としている。

人間の脳を胸に移植して人間並の知能を得させようとした。ブラックジャックは反対だったが手伝うことにした。しかし、成功するも家から力づくで脱走し、大江戸以外を敵と見なし34人の人間を殺害する凶暴な鹿となった。

通常の鹿の殺し方では死なず胸にある人間の脳を破壊しなければ死なない。大江戸の恋人を殺害したことによって大江戸はナダレ討伐を決意。

ナダレを家におびき寄せ胸に発砲し外へ逃げたナダレを大江戸が止め刺した。

タロー

登場:「一ぴきだけの丘」

心優しいベガンベの丘に住む熊。冬季オリンピックの開発で捕らえられた熊でヨーグルトが好き。大人となった後はゆっくりと過ごしていた。しかし、ハンターに撃たれて山中獣医の医者が治療した。

タローを見て驚いたブラックジャックが崖から転落してタローは重体のブラックジャックを山中獣医へ運んだ。医師からタローの経緯を聞きタローの森を戻すため自然保護運動協会会長に一億円を寄付してタローを保護した。が、タローの大動脈近くには3発の弾丸が残っており取り出すことが難しくいずれ死ぬと医者は答えた。

ブラックジャックはタローを助けるためタローを探しS市の熊牧場と突き止めて倒れているタローを見つけてタローを治療。

植林が終わったベガンベの丘に連れ行き解放した。

イルカ

登場:「海のストレンジャー」

ブラックジャックを誘拐した犯罪者たちに傷つけられたイルカだがブラックジャックに治療された。

ブラックジャックに治療されて健康になったさい、船を陸に導くためイルカが自らの血を流して導いた。ブラックジャックたちは陸にたどり着いたがイルカは死んだ。

ポケットモンキー

登場:「ポケットモンキー」

妻良内役が飼っていた小猿。かなりなついており主人が死んだ後もその場にいたかった。集金で歩いていた妻良内がトラックに2度もひかれて殺されてブラックジャックに妻良内の死体が見つかったことでブラックジャックは警察に捕まる。

ポケットモンキーの方は農家のペットになったが、主人が死んだ場所へ行きたかった。ブラックジャックが身の潔白を示すため妻良内の中に石灰岩を見つけた。ポケットモンキーも見つかり工場へ行き調べたら少なからず残って居た血の付いた車輪を見つけて運転手を逮捕。

ポケットモンキーは解放されるが主人が死んだ場所にとどまり死亡。

ルナルナ

登場:「白いライオン」

白いライオン。元々はアンゴラ共和国にいた動物で動物園に渡された。

アルビノで日光に弱かったが、白いライオンが珍しいとされ人前に出たためさらに弱くなり苦しくなる。一週間後に死んでもおかしくない体となりブラックジャックは色素を入れて治療するしかないと考えた。

しかし、ピノコは拒絶してルナルナを取り上げるもブラックジャックが説得してルナルナに色素を与えて健康にした。

動物園側はルナルナが見ものにできないと嘆いてアンゴラ共和国に送り全国の子供がブラックジャックに抗議の手紙が送られた。

プロミネンス号とトミー・ベンソン

登場:「化身」

ネバタ州の本命馬と言われている馬と馬主の少年。お互いに仲が良く友達という関係。ハイウェイで轢かれてプロミネス号は足三本を折るだけですんだが、トミーの脳波はむちゃくちゃで手術は不可能だった。

脳を取り換えることしかできないためプロミネンス号の脳と取り換えた結果、トミーは復活した。

馬だったこともあって馬ならしはうまく、馬との交信もできる。しかし、喋れない。雌馬と仲良くなったが雌馬からトミーを轢いたのが2人の従業員と知り2人に近づいて一人をけり首を振った。この蹴った後に首を振る行為でプロミネンス号の脳と発覚。

トミーの父は銃を持って殺しかかったが、トミーの体であるため撃てず銃を捨てプロミネンス号は銃を拾い構えたが、雌馬が入り殺すのをやめて雌馬と共にどこかへ逃げた。

トミーの体を使っていたプロミネス号は喋ることはできないが、人間の動作はできる。ただし、食器の使い方ができない。

-ブラックジャック

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.