ブラックジャック

【ブラック・ジャック 人物】医者・看護婦

投稿日:

複数回登場

山田野

初出:「針」

登場:「けいれん」、「座頭医師」、「音楽のある風景」、「金! 金! 金!」、「助っ人」、「ブラック・ジャック病」

ポン骨大学の医者。ブラックジャックの大学時代の先生。

「針」では人間の体をあなどるなと警告していた。

「けいれん」ではブラックジャックの謎のけいれんを解き明かすため本間丈太郎の家に訪れて資料を見た。ブラックジャックが気胸の手術をしてまたけいれんを起こした際、わざと持病があるかの素振りをして苦しみブラックジャックに「失敗すればトウシロウと呼ぶ」と言ってブラックジャックの心を火をつけて手術を成功させた。

「座頭医師」において針治療についてテレビで解説していた。

「音楽のある風景」ではブラックジャックにD国からチン・キが来ていることを教えて見に来るよう伝えた。

「金! 金! 金!」では天馬カスミの手術がブラックジャックにしかできないと見て天馬にブラックジャックを呼ぶよう頼んだ。

「助っ人」では目と腰が悪く引退まじか。病院内の草井助教授率いる派閥争いに嫌気を刺していた。そこで、ブラックジャックにメッケル憩室の手術でへまをしないよう依頼した。ブラックジャックが裏で二週間前に治療済みの患者を呼び草井たちの鼻を明かした。手術後、山野田は引退した。

「悲鳴」で孫が登場する。

日本医師連盟会長

初出:「報復」

登場:「フィルムは二つあった」ブラックジャックを邪魔と思っている連盟会長。政財界に顔を利かせている。プライドが異常に高く「フィルムは二つあった」でも無免許のブラックジャックを映画撮影したのに抗議している。

「報復」でブラックジャックに医師免許をとるよう圧力をかけたが言うことを聞かなかった。警察に逮捕させた。ボッケローニが孫のピエトロをブラックジャックに治療を頼むも他の医者にするよう会長は言うが、ボッケローニは総理大臣を動かそうとした。しかし、無駄だった。会長が用意した山川にした。しかし、治療中にピエトロが死亡。報復で会長の息子が撃たれて治療不可と診断されブラックジャックに治療を頼み医師免許を渡すも破られた。思うに医師免許渡しただけで治療させるとは思えないし、ブラックジャックが本当に治療したのかよくわからない終わり方をしている。

辰巳

初出:「ホスピタル」

登場:「フィルムは二つあった」

ブラックジャックの友人でポン骨大学卒の同期。

元々は中立病院の医局第二外科出身だったが、東亜大学派閥の見下しに飽き飽きして派閥の中心である王仁川に一泡吹かせるためブラックジャックに木村の手術を依頼。手術は成功し王仁川の愕然とした姿を見てブラックジャックをばらしクビになり憂さ晴らしをした。

「フィルムは二つあった」ではブラックジャックに呼ばれて撮影に参加。ところどころ、辰巳が手伝い修正したフィルムには辰巳しか映されていない。

如月恵(きさらぎめぐみ)

初出:「めぐり会い」

登場:「海は恋のかおり」、「人生という名のSL」

船医。ブラックジャックの知り会いでブラックジャックが最初に惚れた人物。ブラックジャックと同じポン骨大学卒の同期で、同じ医局に務めた。現在は子宮をなくし男として船医になっており「如月恵(きさらぎ“けい”)」と名乗っている。

しかし、女であることを他の甲板員は知っている。最初はブラックジャックを怖がっていたが不良からブラックジャックが守ってくれたことで惚れた。しかし、子宮がんを患い死ぬ運命となったがブラックジャックが切除して子宮が無くなり男として生きていくことにした。

5年後、「めぐり会い」ではブラックジャックにひさしぶりに会おうと思い手紙を渡しブラックジャックに公園で会った。ピノコが疑ってきてピノコに自分の正体を隠してけいは兄でめぐみは妹として話した。ブラックジャックが如月の昔のアルバムを船に乗る前に渡し如月は今の生活に満足していた。

「海は恋のかおり」で如月に惚れた16歳の甲板員が香港で彫った刺青をとるためブラックジャックに依頼する。最初は断れて金も足りず断った。ブラックジャックは少年に如月のことを惚れていると聞かれたら惚れていると答えて離そうとして去ってしまった。

しかし、少年はタンカーの事故に巻き込まれて重体となりブラックジャックは死にかけの少年に植皮をつけて目覚めた少年は感謝して死亡。

琵琶丸

初出:「座頭医師」

登場:「湯治場の二人」

盲目の針治療を専門とした医者。耳と鼻が研ぎすまされておりブラックジャックの黒いコートの中身を言い当ててたり、ブラックジャックの服についている臭いで専門分野を言い当てた。

基本は優柔不断だが時折迷う部分がある。外科医が行う手術や薬品を嫌っており。金を請求しない。

無免許だが、ブラックジャックと違い慈善行為で動いているが、独善的な部分があり突然入ってきて治療をする。本名および目的が一切不明。歩いて移動している。

2000人~3000人治している。憑二斉から1万人を治し200人さし間違えたと見ている。

「座頭医師」では針を怖がる患者に無理やり治療を施してしまいけいれんを起こしブラックジャックが鎮静剤を飲ませた。借りを返すためブラックジャックの家に行きブラックジャックの腸が弱いことを知って腸の針治療をした。

「湯治場の二人」では憑二斉に会うため偶然、奥底温泉でブラックジャックと再会した。憑二斉に針を作ってもらっていたが、完成した後、心臓麻痺をして針治療するも治せなかった。


白拍子泰彦

初出:「白い正義」

登場:「腫瘍狩り」

東西大学医学部教授にして外科部部長。ブラックジャックをモグリというだけで嫌っているが腕は認めている。ブラックジャックは白拍子に「悪質」と言われるのを認めているが、医者としての心構えには怒っている。母親と二人暮らしで使用人もいる。母親は白拍子がブラックジャックに嫉妬しているのを知っている。しかも、母親は息子のためブラックジャックと手を組むこともある。

「白い正義」ではブラックジャックが治療するはずだった患者をブラックジャックから奪い自分の所へ手術することにした。しかし、麻薬ギャングのボスでブラックジャックやピノコは家で酷い目に合う。警察が手下たちを逮捕しピノコが負傷。ブラックジャックはピノコを治そうとするも白拍子は責任を感じてピノコの治療をお願いしたが断られた。

「腫瘍狩り」でカンサー・ハンターを使い手術なしでガンを取り除くことが説明した。テレビの記者会見のさい、ブラックジャックを「悪質」と侮辱していた。が、カンサー・ハンターには欠陥があり自律神経を痛めることを知り急きょ中止になった。患者に対して手術を行うが不可能で逆に悪化させてしまった。

白拍子は母親に5000万円を渡すよう頼み5000万円を持ってブラックジャックの所に行き手術を頼むが、カンサー・ハンターに関する欠陥を世間に公表すれば手術すると言ったが、断ろうとするもブラックジャックが「まともな医者ならなぜあたまりまえのことができねエんだい!!」と激昂されカンサー・ハンターの欠陥を公表することにした(手術料は1500万円にまけられた)。

OVAでは剣道部OBで現役時代三度優勝したこともある。

ブラックジャックの同窓生

初出:「誤診」

登場:「はるかなる国から」、「しめくくり」

ブラックジャックの同窓生(ヤブ医者レベルで偉そう)で病院を運営している。部下の伊東から嫌われている。がめつい性格でブラックジャックを利用して名声を獲得しようという魂胆があり、プライドが高い他の医者とは一線を画する。

「誤診」では同窓会でブラックジャックに愚痴を言いデザートを食べていたら病院から電話が来て腹膜炎(実際は膵臓炎)の患者(ヒゲオヤジ)が悪化してその時に任せていた伊東がおらずブラックジャックに頼んで治療してもらうことにした。案の定、腹膜炎と思われていた箇所は治りかけで自身の腕に失望しやる気が起きなかった。伊東が帰ってきて怒鳴り散らすが、ブラックジャックに止められた。ブラックジャックが膵臓炎を治療し成功させた。これを機にブラックジャックをとりこもうとしたが、断られた。同時に勝手に逃げた伊東をクビにした。ちなみに、最後の方で伊東はブラックジャックの家に行き、助手にするよう頼むも断れ「軽蔑されるような医者になるな」と言って追い返した。ブラックジャック曰く伊東は「将来のある人」らしい。

「はるかなる国から」では板台に「知らない」と言われたブラックジャックの心に火がつき山田の娘を治すため手術室と助手を貸すことにした。

「しめくくり」では井中大海の膵体ガンの治療をブラックジャックに依頼(狙いは名声を上げることだけ)。最初はブラックジャックが依頼に興味を示さず焦っていたが、小説を読破したブラックジャックは依頼を承諾。成功させた。


一話限り

椎茸登場:「六等星」

真ん中病院所属の医者。既婚。病院内では古株だが基本、補佐役が多く影が薄い。出世欲が無く仕事を優先している。

腕は高く3秒で上腕神経麻酔をやらせるほど高い。病院内の院長の椅子をめぐる徳川と柴田の派閥抗争において椎茸は興味がなかった。

派閥闘争で汚職が露見した徳川と柴田や他の医者たちが逮捕されてブラックジャックの所に花火で大やけどした患者が真ん中病院に来るもブラックジャックは真ん中病院にいる椎茸に任せた。椎茸は助手たちに的確な指示を出して患者を治した。


甚大

登場:「おばあちゃん」

20年前、生きていた内科、小児科専門の医者。

変人で周りの医者から好かれていない。既婚で今は妻が家を持っている。料金は1000万円~5000万円と高い。ひっそりと開いていた。

周りの老人たちからブラックジャックと並んで名医とされる。

30年前、息子を助けたい母親が1200万円の請求をされたさい、母親は払い続けて甚大が死んでも払い続けて終わった。息子は母親が倒れた時、恩を返すためブラックジャックに治療を依頼した。

福録病院院長

登場:「流れ作業」

福録病院の院長。理想は高く作業を効率化させるため流れ作業で運営している。妻がおり、娘に和子がいる。お金がなかなか取れずブラックジャックのせいと考えて問いただしたら自信が行っている流れ作業に原因があると言われて激怒した。

和子が交通事故に会ったさい自分で治療を取組もうとしたら手術室が全て使われており何とかできなかった。ブラックジャックに和子の治療を見るため他の患者の治療を頼んだ。和子の手術が終わったものの死んでしまった。

顔を見たら別の子供で別の部屋へ行くと本物の和子がいてブラックジャックに治療されていた。

戸隠(とかくし)

登場:「ちぢむ!!」

アフリカで研究所を持ち小さくなる病気を解明する科学者。

ブラックジャックを呼び小さくなる病気の解明に協力させようとしたが、断られついさっき触ったライオンの死体があるためすでにい感染していた。一か月におよぶ研究の最中、戸隠の体は小さくなり子供のような体型になった。

黒人の助手は逃げだし、ブラックジャックが解明するも戸隠はこの病気ができた原因を「神の警告」と悟り息を引き取る。

山田

登場:「きみのミスだ!」

院長の息子のミスを擦り付けにされたメガネの看護婦。自殺をはかろうとしたところ、ブラックジャックに助けられて復讐のため院長の息子が好きな亜古賀礼子の顔になり弱点を探すことにした。

身分を隠し再就職して息子が録音していたカセットをもらうが院長にバレテ取り押さえられたが院長の息子が助けてブラックジャックに届けて復讐をとげた。

新宿南外科院長の妹

登場:「B・J入院す」

ブラックジャックを尊敬している女性。

兄である院長はブラックジャックを嫌っておりブラックジャックが自身の病院に入院した際、医師人生を潰そうと冗談を言っていた。

医者としてはあまりよくなく診断が下手。ブラックジャックを異常に愛し兄が引き離そうとブラックジャックに頼み退院させた後、妹は泣き崩れて病院を脱走。兄は追おうとして出るも交通事故に会い重体となる。右腕がまだ完治していないブラックジャックに依頼するも断れるが、助言でもいいから兄を治したいと依頼して承諾してくれた。

山浦

登場:「研修医たち」

Q市中央病院の医者。執刀技術は高くブラックジャックからも認めている。作中、第4の壁を見ることが可能で読者に話をかけてくる。

過去に医師が少なかった時代では血をにじむような努力をして医者となった。今の医師免許を持って現実を知らない医者が多く不満を持っている。

研修医たちは頭の固い山浦の鼻を明かそうとしてブラックジャックに依頼するが、断られも後に来る。ブラックジャック研修医たちに厳しい現実を見せて手術を終わらす。

が、その中に山浦がいてブラックジャックの手術を見ていた。

山之辺

登場:「執念」

回生病院所属の医者。医師免許を持って晴れて医師となった青年。しかし、膵臓ガンを持っておりいずれ死ぬ運命となった。表向きは膵臓炎。家族はガンで死んでいる。

ブラックジャックを嫌っており重病で患者を見れないと言われた時は無免許のブラックジャックに言われたくないと突っぱねた。

肝臓の病気を持つ患者の診断の途中で手塚に止められて山之辺は手塚に自身がガンであると言って手遅れにならないガンを治したいと決意を現した。ガンであることを悟られないよう顔を隠して診断を終えてた時、くらついた。

手術の時、手塚に頼まれたブラックジャックが手伝いにきたが拒否しようとしたが、山之辺の今の状態では無理だった。手術を終わらしたあと、死亡。

手塚は手術中に死んだと考えた。

元看護師の老婆

登場:「ある老婆の思い出」ニューヨークの病院に務めていた元看護婦。看護婦時代、医者たちの身下した態度や患者よりもわが身を優先する病院の態度に失望していた。

ブラックジャックが母親と赤ん坊を救い看護婦を辞職してブラックジャックが救った患者の乳母となり55年間務めた。

板台(ばんだい)

登場:「はるかなる国から」

A大学教授で心臓外科専門。作中、有名な医者でありながらブラックジャックを知らない人物。

心臓中隔欠損増帽弁大動脈弁石灰化という心臓病に関して9割成功しているらしく他の医者が治せるのは身の程しらずと言っている。これが、前述した心臓病に関してブラックジャックが挑む理由となった。

スウェーデンから来たイングリットを上述した心臓を患い治療にかかるが、山田とその娘が来てイングリットと同じ病気だった。

国際的名誉を欲した板台は山田を拒否してイングリットにかかる。イングリットは死亡するが、山田はブラックジャックの治療で健康になり板台を唖然させた。

王仁川

登場:「ホスピタル」中立病院医長にして東亜大学派閥の中心。本間丈太郎と同期だが本間を「グズ」とののしり、ブラックジャックを怒らす。しかし、手術は大したことがなく本間丈太郎に届かないほどのザコ。

ピアニストの木村が骨肉腫を患い腕を切り取す以外に方法はないとしていた。木村は嫌がっていた。

しかし、辰巳が呼んだブラックジャックにより面目丸つぶれで辰巳がブラックジャックがやった言って辰巳をクビにした。

古和井可仁

登場:「古和医院」

山家村で古和医院を開業している医者。医者がいない山家村で30年間もしている。中部大学医学部卒だが、実は無免許で戦時中には医学部などない。しかし、村民から多大な信頼を獲得している。バセード氏病を患った少女ツユ子を診るが対処法が分からず、ブラックジャックが助言してきたが最初は邪険するも聞くことにした。

ツユ子をそれなりに治した。ブラックジャックに戦時中インターン制度がないことを知っており無免許であることを看破された。

1年後、免許をとるため大学に通う。

清水きよみ

登場:「土砂降り」

ブラックジャックの手術を手伝った清水幾男の妹。診療所に務める。内科医。兄が島を気に入り本土から離れた。実は手術に耐えられない体をしている。兄は校医でブラックジャックが飛行機で子供が異物を飲み込みだせなくなっていた。しかし、ブラックジャックはメスがなく手術不可能と思われていたが清水の兄がメスをもらって子供を助けた。物語が始まる以前に死去。ブラックジャックが清水の診療所に訪れて幾男に高級なメスを渡そうとしたが清水は内科医であるため断られた。清水は集団食中毒の治療に行くため外を回った。

一時帰ってきたらブラックジャックが突風で崖に落ちた校長を治していて手伝った。学校の新生堂落成記念行事で崖のことを言って新生堂よりも崖の補強を言ってしまいひんしゅくをかってしまった。

長くブラックジャックと生活して行きブラックジャックを愛してしまった。土砂降りで崖が崩落する音を聞いて女の子を助けようとしたら崩落間に合わず生き埋めとなった。女の子の方は助かったが、清水は前述あげた手術に耐えられない体で助かる見込みはなかった。

死ぬ間際、ブラックジャックに自信の皮膚を提供して美しい顔になってほしいと頼んだ。しかし、ブラックジャックは断った。

ゲーブル

登場:「二度死んだ少年」コロンビア大学教授。ブラックジャックの腕は認めているが、金好きで無免許であることを嫌っている。

殺人犯の黒人少年がビルから飛び降りてしまい少年を救うため手術に取り掛かるが何もできなかった。ブラックジャックに頼み手術を成功させた。ちなみに、助けられた黒人は死刑となり処刑された。

矢武位(やぶい)

登場:「サギ師志願」

矢武位医院院長。ヒゲオヤジ。

川崎病を患った息子を持ってきた母親と医者を嫌う父親(昔、悪名で医師に診てもらえず診てもらったら悪名がたたり高額な金を請求された)が病院で争い止めた。

手術をしようにも金が払えずブラックジャックを呼び父親は不渡り手形3000万円を用意して詐欺で捕まり息子を助けることを考えた。

手術の最中、父親は詐欺罪があったと警察に電話して用意する。ブラックジャックの手術は成功する。

しかし、警察が駆けつけようとしたさい、ブラックジャックが自分を狙う警察と勘違いして裏口から逃げた。報酬は無しになった。

クチャンセン

登場:「短指症」

デンマークで有名な脳外科の教授でブラックジャックが認めるほどの技術力を持つ老人。

ブラックジャックからゴールドマウントの息子に関する脳手術を断った理由を話さなかった。

大江戸

登場:「ナダレ」

ノーベル医学賞受賞者。大脳組織のD・O効果を研究していた。本名は「ダイゴ・オオエド」だが、ダイゴの表記は不明。

鹿であるナダレを一人の弟してかわいがりナダレに人間の並の知能を持たすため胸に脳を移植する。そのため、ブラックジャックを呼び移植させた。

家に戻るとナダレが脱走しておりブラックジャックからナダレが狂暴化して殺人を犯しているのを聞いた。ナダレを止めようと苦心するも恋人が殺されたことでナダレ討伐を決意。鹿笛を吹きナダレを家におびき寄せ胸に銃を発砲、外に出てナダレにとどめをさすも泣いた。

クロイツェル

登場:「身代わり」

世界的がん手術の権威。クロイツェル中央病院の院長をしておりそこを作った。しかし、交通事故で植物人間となり動けなくなった。

敵対派閥の副院長はクロイツェルを出し抜こうとしてクロイツェル派の医者はブラックジャックをクロイツェルの身代わりとして出し抜くことを潰そうとした。

42歳の経産婦のがん治療をしてブラックジャックは成功させた。クロイツェル派はブラックジャックを早く逃げさせようとしたが患者が成功しているとは限らないため見ることにした。

次の日、ブラックジャックと副院長派が見るも経産婦の子が昨日あった子供スージーでブラックジャックと分かっており、ブラックジャックと言ってしまいその場でブラックジャックと分かりクロイツェル派の目論見は潰れた。

ストに参加していた医者

登場:「曇りのち晴れ」

いかづち山高原ホテルのストライキに参加して患者がいるのに職務放棄した医者。

作中、医者としての仕事を全くしていない(火傷の治療ぐらい)。

患者は丸徳銀行の頭取で頭取と妻、子供は車に出ていた。しかし、倒木で山に降りれず医者も降りれなかった。ブラックジャックはホテルにいたため患者も頭取で子供を通して頭取の治療を受けることにした。

落雷が降る中の応急処置で、雷が落ちないよう器具を揃えているため応急処置ができた。ブラックジャックは医者に救急病院へ運ぶよう指示した。

酒鬼原(さかきばら)

登場:「白い目」

超一流の病院「日本総合病院」所属の医者。協調性を大事にしており部下から多大に慕われている。肺塞栓の患者が治療してもまた戻ってくるため患者がブラックジャックを呼んでほしいと頼まれて病院の名誉よりも患者の信頼をとるためブラックジャックを呼んだ。ブラックジャックとの協力体制がなかなかとれず足の引っ張り合いを開始。

何とか、ブラックジャックが判断した人工血管を入れる方法で患者は治療できた。

三か月後、酒鬼原はブラックジャックの資料がほしいと提案した。しかし、ブラックジャックは立派な病院にモグリの資料は不要と見て去った。

愛想医大卒の医者

登場:「銃創」

K国の大臣、服田大臣を治した医者。というのは嘘で医大の入試で大金を払って入り麻雀ばっかりしており免許は金でもらった。そのため、モグリどころかド素人。

怪我をしたブラックジャックの治療に当たるも全く無理でブラックジャックの助言で治していった(嘘というのを知り免許持ちのド素人と知り愕然としていた)。

途中でブラックジャックの息が止まってしまい最後は自らの力で銃弾をとって治療した。手術中に罵倒したブラックジャックは謝り、こっちも謝った。

竹中外科の家族

登場:「てるてる坊主」

ブラックジャックの先輩が運営する外科。しかし、ダメ亭主で競馬に金をつぎ込む。

ブラックジャックに3000万円の金がある。妻と息子洋がいる。洋はブラックジャックを気味悪がり嫌っており、父親が亡くなった後に母親の許可を得て本を見にきたブラックジャックを追い返すほど。

酔っ払いが水を持ってくるよう言われて亭主が怒るが脳溢血で階段から転んで死亡。

妻はブラックジャックと相談しブラックジャックの手術に協力して3000万円を返す方法をとった。肝臓がダメな社長を連れてきた妻と部下が来てブラックジャック4000万円を要求し承諾。治療して3000万円を返済し1000万円を竹中外科の妻に渡した。

洋はブラックジャックが家族のためにしてくれて感謝して本を渡し大量のてるてる坊主を渡されて窓にかけた。

甲川(かがわ)

登場:「カプセルをはく男」

甲川医院院長。30年間も町に開業しており、人当たりはいい。しかし、小学校にピアノを寄付して以降、名誉欲にかられて裏で暴力団とつながり合がありモルヒネを密売していた。これは全て寄付のためである。

娘が一人いる。飛行機でモルヒネを密輸しようとしていた男とから甲川の名前が出てブラックジャックが裏で糸を引いているのではと指摘されて怒る。秘密を知ったブラックジャックを始末するためヤクザを2人呼び三日間、監禁して高圧電流で殺そうとしたが返り討ちに会いブラックジャックは甲川の前に現れた。

甲川は全てをばらされると考えて大量のモルヒネ(助手が不水溶性から水溶性に入れ替えていた)を飲んで自殺をはかった。

死ぬ間際、ブラックジャックに謝り娘に何も言わないことを伝えた。

百鬼

登場:「灰とダイヤモンド」

有名な外科医。ブラックジャックを嫌っているが、助手を頼らず手術する腕前に驚く。バカ正直でブラックジャックからバカと見られている。

松方のダイヤモンドを確認する手術を行うが、全てアクリル玉。これに百鬼は前の手術を行ったブラックジャックへ問いただし、ブラックジャックは松方がダイヤを持っても意味がないとして他に渡した。ダイヤの所在は老人ホーム「老人の家」に預けた聞いてダイヤを返してもらった。

松方の体に戻し方かに見えたが、実は全く返さず後に養老ホームへ返した。ブラックジャックは百鬼のこの点を誉めた。

ゴ・ウィン

登場:「あつい夜」

ハワイに住む医者。ブラックジャックとともにダグラスの治療をしていた。正体はベトナム戦争で妻と娘が看護婦として働いていたがダグラスに殺されて戦争でダグラスを殺そうと思ったが、戦争が終わりぬくぬくとダグラスは生きていた。犯罪者になるのを覚悟でダグラスを3回も殺しにかかった。ブラックジャックに睡眠薬を飲ませて動けなくさせ、自信はダグラスの家に行き銃を発砲。ブラックジャックと警察が来て警察に撃たれるもダグラスを射殺する。救急車が来てダグラスは隙を突いて逃走するもダイヤモンド・ヘッドの上にある小さな墓で追い詰められて射殺された。

トリュフォー

登場:「山猫少年」

かつて、パリでブラックジャックのせわをした医者。

オプーを引き取り脳髄を圧迫している部分が自分では手の施しがないためブラックジャックを呼ぶ。

人間の所に戻したい気持ちが大きかったが、それを感知したオプーに嫌われている。

関根

登場:「雪の訪問者」

大病院所属の院長。海外(イタリア、フランス)にいったりする。

有名な医者らしくブラックジャックも知っている。が、仕事を優先して妻を治せなかったことに怒り、患者の手術中に突然、冷静さを失い患者をメスで攻撃してきたりする。そのため、関根に仕事を外すこともある。

患者の山口を当たっていたが、山口の姉が関根のおかしさを知っているためブラックジャックに相談して関根に代わって手術してほしいと言ったが大病院の許しがないため無理と言った。ブラックジャックは関根を気になりわけを聞いてともに山口の手術へのぞむことにした。

山口の手術でも攻撃しようとしてブラックジャックが止めて説得される。それを気に吹っ切れた。真面目な医者なのに怖い目つきで損している人物。

モハメド・クーマ

登場:「ブラック・ジャック病」

ガボンに住む医者。既婚で妻がいる。日本が書ける。毒性のヤマイモから発生する食中毒を「ブラックジャック病」と名付けて、ブラックジャックに来るよう手紙と病で固くなった胃を渡した。妻が病で死にブラックジャックにクーマを治療するも病死する。

のちに「ブラックジャック病」の後編「落下物」で正体がヤマイモが毒性を持った理由があかされる。

黒松

登場:「B・Jそっくり」

黒松医院院長。内科専門。吸血鬼医者と呼ばれている。ブラックジャックと似ていると言われているが、情けは無くつき抜けた冷酷さを持つ。ブラックジャックは自信の「影法師」と認めるが、ピノコは似ていないと見ている。

患者を治すことに責任を持っている。「三回死にかけた老婆を生きながらえさせた」というニュースで有名になった。植物患者の患者を持ち入院費は一千万円もする。患者の孫娘チヨコ自殺未遂を起こしブラックジャックが来る。ブラックジャックに患者の所に案内して見せた。

しかし、老婆の植物人間を見せられたブラックジャックは「生きるしかばね」と言って否定したことに怒る。ブラックジャックが老婆を介護しているチヨコの母を見て介護疲れで寝たっきりで苦しんでおり黒松は栄養剤を注射した。ブラックジャックからチヨコの祖母を入院させた方がいいと頼まれたが、入院費を盾にして断った。

ブラックジャックはチヨコが書いた遺書を盾に交換条件を作ろうとしたが、黒松は取ろうとして運転手にブラックジャックを追いかけるもトラックに当たり黒松は植物人間となった(運転手は不明)。

黒松はブラックジャックに治療されて意識を戻し、チヨコの祖母を入院させることにした。

五條ミナ

登場:「宝島」

沖縄出身の看護婦。8年前、ブラックジャックをかわいがってくれた女性で死後、ブラックジャックが買い取った島で作られた墓地で眠る。

犯罪者たちが五條ミナの名をかぎつけてブラックジャックの資産を奪うため画策された。

間武田

登場:「死者との対話」

学生。学習解剖用の死体を解剖していく内につれて嘔吐する。ブラックジャックとたまたま出会い医者と何かを聞く。解剖がトラウマになったため肉を見るだけで嘔吐する。

綿引

登場:「きたるべきチャンス」

ガン特効薬ポリサニチンを作りノーベル賞を獲得した男。妹に十枝子がいる。

食道がんを患いやせ細りポリサニチンを使うも効果がでず、これの秘密を守るため医者たちに食道がん手術の拒否と口止めをしていた。

ブラックジャックも治療をしようとしたが拒否されて口止め料をもらった。ブラックジャックはA新聞に綿引が食道がんであることを流しマスコミが十枝子にかけよりブラックジャックは綿引に近づき暴れたが動けなくなり手術しガンを取り除いた。支払いは来年のノーベル賞受賞で出される金で支払うよう頼まれて綿引はネオポリサニチンを作り完全なガン特効薬となりノーベル賞受賞、十枝子が払った。

しかし、ブラックジャックは15万クローナの内10クローナしか受け取らず残りは受賞のお祝いとした。

チン・キ

登場:「音楽のある風景」

ファロット四徴症の新しい手術法を生み出したD国の老医者で世界的有名。

音楽(ジャズ、ロック、オーケストラなんでもOK)が好きだが他国の文化を許さぬ祖国によって破壊された。

音楽を聞きながら手術する(最初は音楽を聞いて気を散っていたが後になれた)。

手術腕は高くブラックジャックも認めるほど。ブラックジャックを尊敬しており日本に来たのはブラックジャックの腕を拝見するため。

ブラックジャックの家へ移動していく最中、他国の音楽を隠し持っていたことが発覚し反逆罪でD国の約人に捕まり連れいかれそうになるが心筋梗塞で苦しむ。

ブラックジャックの家でモールァルトの鎮魂歌を流して手術を受ける。物語はここで終了する。

安東

登場:「コレラさわぎ」

東南アジアから帰ってきた医師旅行団の一人。ブラックジャックの数少ない友人。酒を交わすほど仲がいい。しかし、コレラを患いフェードアウト。ブラックジャックはコレラに感染したと思い三日間もピノコと患者を放置してコレラなのか検査した。

浅草上乃

登場:「20年目の暗示」

回生病院に務める精神科の医者。本間丈太郎の友人。ブラックジャックのことを良く思っていない。催眠術の使い手でブラックジャックに暗示を解くため使ったり、即で相手を寝かせたりする。しかし、あまりにも強力な催眠術で後催眠を使えるほど。

指を動かなくなったブラックジャックが暗示にかけられていると考えて記憶をたどるが、記憶を失った部分がありやめになった。手術をしているブラックジャックの所に駆けつけてブラックジャックに暗示をかけ浅草が昔言っていた「20年後、手の指が動けなくなる」後催眠を解き、動かした。

葉宏章

登場:「純華飯店」

南京大学病院大学部所属の男。義理の妹に梨花、純華飯店の店長をしている祖父(日本語はたどたどしい)がいる。祖父は3cm胆石を体にあり苦しんでいるが、葉の作った薬じゃないとダメと考え手術は断っている。

6人目の医者としてブラックジャックが来て睡眠薬を飲ませて寝かせて手術をした。取り出せたが葉の祖父が言ったことを考えて再び中にいれてあえて汚名を被って出て行った。帰ってきた葉は手術の痕を見て不可解に思いブラックジャックに会い真相を知り納得した。

「ストラディバリウス」にてブラックジャックに針治療に関する本を渡していた。

天馬

登場:「金! 金! 金!」

関東地区医師連盟理事長の選挙にしている出馬。娘にカスミ(どう見てもウラン)がいる。

選挙に出馬してからは金にうるさくなった。ブラックジャックから5000万円を渡されたが、1割(500万円)の金利を返すよう言われて来た。これにより、ライバルの六鹿がスキャンダルとして流した。

今の父に失望したカスミは自殺する。しかし、体を治せることは難しくブラックジャックを呼ぼうとしたがカスミを助けるため名誉を捨てた。



-ブラックジャック

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.