猫侍(ゲーム)

【猫侍(ゲーム)】「斬馬」弥四郎

投稿日:

概要

「斬馬」弥四郎とは猫侍に登場する猫又にして御神楽党党首。声は沢木郁也。

御神楽陰流の使い手。

十兵衛の旧友。

性格

力を絶対視しており御神楽党の党首になったのはそのため。一人称「俺」。

自分より力が劣る者は「ゴミ」、「愚か者」と見下す。

この性格が災いしてか反弥四郎派が存在する。

幼馴染である十兵衛を欲し部下というより「友」として欲したかった。

御神楽党は自身の居場所と考えていたが後に「そんなものはなかった」と気づく。

経歴

御神楽府に産まれ十兵衛と知り合う。

二心斎の旅から帰ってきた十兵衛が御神楽府へ帰ってきたときは御神楽党に入り隊長の地位を得た。

十兵衛が離党した後、御神楽党で革命を起こし党首の地位を得た。

十兵衛が御神楽党へ戻ってくるよう部下たちにうながした。

実力

強力なもの。

片手だけで壱之新を投げ飛ばし気絶させる。

剣の腕は確かで追手を難なく斬り伏せた。

「斬馬」の通り名は十兵衛が御神楽党から離れた後につけられた。

活躍

江戸へ

江戸へ行き花鳥ノ介へ陣五郎を通し十兵衛を呼ぶよう命令した。

王子宿の小屋にて十兵衛と会い御神楽党に戻り友としていてほしいい頼んだ(その前に壱之新が投げ飛ばされた)。

十兵衛に断られるも十兵衛へ懇願するも通じなかった。

最期

二十八部衆、火車衆を失い反弥四郎派に狙われる。

部下に十兵衛との果たし状(9月30日の夕刻、大川沿いの川辺にて待つ)を書いた手紙を送る。

大川にて追手を斬り伏せ十兵衛に会い居場所について話す。

死闘の末、十兵衛が勝利し弥四郎は死んだ。

弥四郎の死体は船に乗せられ流されていった。

-猫侍(ゲーム)

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.