ブラックジャック

【ブラック・ジャック 人物】一般人

投稿日:

タカシ

登場:「友よいずこに」

ブラックジャックの肌提供に断る親たちの中で唯一肌を提供した子供。提供した部分は右臀部。ブラックジャックの友人で退院した後、こつ然と姿を消してブラックジャックが所在を探そうとした。今は自然保護活動家として動き原発基地反対運動にも参加する。

最後は暗殺され死亡。

アニメでは成長したタカシの姿が登場。

光男

登場:「アリの足」

小児麻痺の少年で、同じ病気の子供をはげますため広島から大阪まで歩くことにした。本間丈太郎が書いた本を読んでいる。

ブラックジャックを嫌っており、ブラックジャックが自信を追ってくることに嫌がっていた。山火事にあったり、暴走族に財布を盗られる(ブラックジャックがとりかえした)災難にあった。ブラックジャックから自信が歩いたコースを教えられてブラックジャックから本間が書いた患者のモデルはブラックジャックと知る。

夜になりブラックジャックが毛布を用意していた。光男は大阪になんとかたどり着いた。

加藤清正

登場:「三者三様」

北海道に住む道路工事をする労働者。元は大分県に住んでいた。宮城県から来た医大を目指す中学生が受験戦争のストレスや入試に落ちたことで自殺を考えていたところを止めて、共に話し受験戦争やメンツだけが全てではないと話した。

しかし、道路工事の最中、事故に巻き込まれて重体となり手足が取れた。警察がブラックジャックに無罪放免にする代わりに加藤の治療を頼んだ。加藤は治された。少年はブラックジャックの手術に立ち会ったが3時間も耐え切れず外に出されたが、加藤やブラックジャックに会って元気を取り戻した。

幼稚園の先生と園児たち

登場:「ダーティ・ジャック」

ブラックジャック、運転手(後に落盤で死亡)と共に地滑りに巻き込まれて埋められた人々。怪我を負った園児が多かった。ブラックジャックは応急処置不可能であったため何もできなかった。しかし、一人だけ助かりたいと思っている金持ちの幼稚園児じゅんがいてブラックジャックに助けたら金を上げるとした。

が、臆病で運転手の死体を見て怖がったり園児一人が入れそうな穴に入れないと言った(この時、ブラックジャックに殴られるほど)。

ブラックジャックに薬品や道具を書かれたメモを渡されて縄に縛られて地上に届けて、地上から薬品が来た。

ブラックジャックが応急処置にかかり園児たちを治していったがガソリンと火が近づいてきて先生が薬品をどけたが、火に丸焼けにされ死亡する。

蟻谷蜂介(ありたにほうすけ)

登場:「助け合い」

大安商事の課長。ブラックジャックが外国の警察に無実の罪で捕まったのを助けた。財田局長に汚職を全て擦り付けられて自殺と見せられて危篤状態にされた。ブラックジャックを呼ぼうとしたら財田は警察を手配し邪魔した。

が、ブラックジャックは蟻谷を助けるため蟻谷が入院している病院を買い取りブラックジャック自らが治療し整形手術も施した。

結果、蟻谷は財田の魔の手から逃れてブラックジャックは蟻谷のことを悟られないよう避けた。

タク

登場:「二人の愛」

能寿司の店員。実家に祖母と母親がいる。寿司の腕はうまかたが、運送業者の有馬明がひいてしまい両腕をなくした。しかし、明を無罪として自分の腕として活躍してほしいと頼んだ。厳しい修行の最中、明は寿司をうまく握れるようになる。店員や祖母を納得していたが明がひき殺されて自分の腕をまたなくしてしまった。

明の妻である律子はブラックジャックに明の腕を使ってタクに移植してほしいと頼んだ。結果、成功しタクは再び寿司を握られるようになった。

4人を子を持つ母親

登場:「勘当息子」

山奥に住む老婆。夫(ヒゲオヤジ)はすでに他界している。

一郎、二郎、東京のスタジオに働く三郎、ひよっこの医者で四郎。

ただし、四郎は親から金を借りて返さず勘当されている。大雪で電車が止まり4つ子を持つ母親の所へブラックジャックは泊まりに来た。

四郎以外の帰りを待っていたが誰も帰ってこず四郎が帰ってきた。持病の発作で母親は苦しみブラックジャックと四郎は手当てをする。四郎は虫垂炎と思ったが、ブラックジャックは移動盲腸と断定。手術したら移動盲腸だった。

治療後、四郎は母親に実家で診療所を開業することを言って喜んだ。ブラックジャックは長居は無用と思い去った。

5歳の子供

登場:「ピノコ・ラブストーリー」

内臓全転移症の子供。全ての臓器が左右逆になっている。ピノコと友達となるが、ディープキスについて聞かれて父親から教えてやるも舌を噛んでしまった。みぞおちの左部分がはれて苦しみブラックジャックの所に運ばれた。

ブラックジャックは手術に苦しむが、前もってピノコが買っていた鏡で左右が逆に見えて手術を成功させた。

信夫一家

登場:「落とし物」

横隔膜ヘルニアに苦しむ母親を持つ一家。父親は家や家財を売って3000万円を作ってブラックジャックに依頼を了承してもらおうと思ったが山手線の哲にパスをスラれてあわててトイレで確認したらゴミ箱に小切手の袋が入り忘れてしまう。

見つからずブラックジャックの家に行き手術を頼むが、金を持ってきていないということで断られ自らの臓器で払うも息子の臓器にしてもらうことにした。

一通りの確認をしたブラックジャックは3000万円を探すため外に出て探して入手した。

レーカ

登場:「オオカミ少女」

ウルフラッケンで狼のような口を持つ女性。そのため、人々から避けられ、いじめられて「狼少女」と呼ばれた。人目を避けるため国境近くの山奥でひそかに暮らしていた。一人称は「あたい」。

国境から逃げて行き倒れになった醜い人間だけは助けて美しい人間は助けず見殺しにする。ブラックジャックが国境近くで警察に追われていたブラックジャックが振り切り車のガソリンが切れて歩き疲れている所を助けた。理由はツギハギだから。ブラックジャックは事情を聞いてレーカを美人の口にする。整形手術によりレーカは美しい口となった。

しかし、町に出ることはブラックジャックに許されなかった。レーカはブラックジャックの言っていることを無視して森におりて国境警備隊に射殺された。

おばあさん

登場:「もらい水」

胃腸院を開業している夫婦の母親。しかし、邪魔がられており外に出ても人々から敬遠されている。

根は別に悪くなくむしろいい人。ブラックジャックはいいおばあさんと接しており、ブラックジャックにお金を使わないため宿ではなく古い山小屋へ連れて行くよう頼んだ。

しかし、地震があって山小屋が倒壊して下敷きとなった。

ブラックジャックに助けられて胃腸院の息子へ連れて行くも妻は断るも母親を見て息子を呼ぶ。が、散々母親を邪険した息子夫婦の態度を見たブラックジャックは自らが治療すると決めて息子夫婦の意見を突っぱねた。

憑二斉(さいじさい)

登場:「湯治場の二人」

人が来ない山奥で庵を構える鍛冶屋。人の心を見渡せるほどの洞察力を持ち琵琶丸の治した数とミスした数を当てた。医者を嫌っており刀は本来、心を斬る者に対して医者は人を斬っていることがヤクザと同等らしい。

一千万円で新品のメスを作るが、札束は炎をあげるため薪の代わりにしている。しかも、作ったメスは切っても切った物を再びつなげるほどの切れ味を持つ。ブラックジャックは1000万円では安いと言っていた。

ブラックジャックと琵琶丸からメスと針を注文され作るが、針を作った後、心臓麻痺で倒れた。生き返らず死亡する。墓はブラックジャックと琵琶丸が作る。

遺書に「天地神明にさからうことなかれ おごるべからず 生き死にはものの常也 医道はよそにあるとしるべし」。これは本間丈太郎が言ったセリフに近い。

登場:「震動」

新幹線の線路近くに住む男。子だくさん。新幹線の震動に我慢できず石を投げつけたら跳弾して妻の腹に命中して大出血させてしまった。

たまたま飲み屋にいたブラックジャックに治療を頼むが、1000万円という高額な料金に怒るが国鉄に請求するよう言われた。

しかし、手術が新幹線で思うようにすすまず、八は国鉄に手術中であるため新幹線を止めるよう頼み止まり手術が進み終わった。

ヒサシと父親

登場:「閉ざされた三人」

崩落したデパートで間違えてエレベーターに入った二人の親子。その中にブラックジャックがいた。ブラックジャックに重傷の父親は応急処置をするも救助がなかなか来ず酸素が減っていった。

ブラックジャックは酸素を残すため仮死薬を使ったがヒサシは安楽死用の薬と勘違いしてブラックジャックが父親を殺したと思った。救助されるもヒサシは父親を殺したと思いこんだがブラックジャックは仮死薬と話し納得させた。

スージー

登場:「身代わり」

ピノコの外見に少し似ている少女。母親は43歳で転移したがんに苦しめられている。父親は母親を捨てて別の女に乗り替えてスージーは父親を嫌っている。

ブラックジャックを悪魔と見て缶を投げつけた。ブラックジャックがピノコに似ていることから優しく接しレストランで食事をした。

ブラックジャックが母親を救い次の日、クロイツェルに変装したブラックジャックが缶で傷ついた部分があり、ブラックジャックであることを周りの医者に言ってしまった。

ロミ

登場:「2人のピノコ」

ピノコの顔のモデルにしてベリリウム中毒症の肺疾患を持つ少女。見須洞市に住む。内科医の医者に診てもらっている。ピノコと違いわがままではない。ブラックジャックからピノコの話をしてピノコに会いたくなった。

ロミは結局、死亡するがその時のブラックジャックの顔は怒りに満ちていた。

タケ

登場:「奇胎」

旅館「ホテル平」に務める女性。働き者で苦しんでいる最中でも体を動かし旅館の上司以外から心配されている。2回も流産している。3回目の出産で倒れて病院に倒れた。が、レントゲンで赤ちゃんは「丸い物」になっておりどういう状態なのか不明。

病院側は旅館にいたブラックジャックを呼ぶ。帝王切開で見たら「石化(正体は羊膜の異常)」しており臍帯もつながっている。

ブラックジャックは慎重に石を砕いてかけらをとって行くと赤ちゃんがいた。赤ちゃんを腹に戻して縫合して4か月後に出産するとした。

ゴキブリぼくめつ粉砕協会会員

登場:「奇胎」

ブラックジャックの友人。

ブラックジャックと酒を交わす友人でブラックジャックに協会に1000万円を寄付してくれと頼むが断られた。がめつく風呂で寄付を迫ろうとして何とか承諾した。

手術が終わった後、ブラックジャックに寄付として腹の中で石化した赤ちゃんの石化した部分を半分わけられた。

平林エリ子

登場:「すりかえ」

3年前、ブラックジャックに全然置胎盤の手術を受けて子供「ジュン一」を出産した女性。が、ジュン一はレテラー・ジーベ病を患い余命1年の子供だった。平林はショックして子供をすりかえた。3年後、すりかえたことを知っていた3人の看護婦に口止め料1000万円を要求し拒否した裁判を起こすことを脅迫される。平林はブラックジャックに出廷してもらい裁判で平林は身の潔白があると伝えてほしいと言ったが拒否された。再び脅してきた看護婦たちに裁判に出ることを決めた。

裁判で看護婦たちが平林の証拠を言ったが、ブラックジャックが出廷し平林の子は3年前にレテラー・ジーベ病をブラックジャックが治療したと言って平林の子は普通に平林の子と言って身の潔白を伝えた。

裁判終了後、一人の看護婦は納得できずブラックジャックに問い詰めたらすり替えは確かにあったが、ブラックジャックも見ておりブラックジャックが後で戻したと言って看護婦たちの目論見を粉砕した。

山田阿里須と片山

登場:「未来への贈り物」

△△大学附属病院に入院している二人。山田は第三病棟25号室の患者。

エリテマトーデスに患い鼻に赤いあざができており、紫外線が苦手なため避けている。片山は第六病棟の患者。筋萎縮性側索硬化症を患いいずれ体が麻痺する運命。たまたま出会い山田が編み物棒を忘れていたのを持って行き知り会う。三か月も付き合い愛し合い結婚を考えていた。しかし、インターン時代のブラックジャックや看護婦から冷たい目で見られた。しかし、片山が苦しみ動けなくなる。インターンから出る前、ブラックジャックは結婚のお祝いをいずれ持ってくると言った。

11年後、片山は寝たっきりの体となりブラックジャックは一年前にソ連でサビニャンコとメンゲロフから了承を得て2人に人工冬眠カプセルに入れる許可証を持ってきて二人を未来へ冬眠させた。

羽仁夫(はにお)

登場:「モルモット」

腎臓が悪く半年もK大病院で入院している少年。

ブラックジャックの少年時代の顔によく似ており、ブラックジャックは羽仁夫のことを気になり近づいていた。

担当の医者は羽仁夫につきっきりでヒステリックになっている。偶然、見たモルモットを気に入っておりモルと名付けており、モルがいる籠にピーナツを入れたりしている。医者たちはモルに羽仁夫の尿成分を使い同じ腎臓の病気になるか試していた。が、その時に羽仁夫が隠れており羽仁夫は出ようとしたら鍵がかかって出られなかった。モルを逃がしてしまい外で捕まり羽仁夫は解放された。

が、医者からモルを使って羽仁夫の病気が何か調べると考えていたことに羽仁夫は「モルが殺される」と考え医者を殺すと宣言した。医者たちは危険に思いモルを別の場所へ隠しもといた場所には別のモルモットを置いた。

モルを探した羽仁夫は新しい場所を見つけたが、疲れて倒れた。病室で寝ていた時、モルモットの目となりモルに力が増して医者たちを襲った。その時、ブラックジャックが偶然かけつけてメスを投げてモルにさした(同時に羽仁夫に赤い斑点ができてすぐ消えた)。

モルが死ねば羽仁夫のとってよくなく、モルは治療されて羽仁夫は喜んだ。

ラブロ

登場:「復讐こそ我が命」

南米モノタリナ共和国に住む女性。母、父、弟と共に農場で平和に暮らしていたが、ブラック・ジェードの一味が誤って爆弾を送りラブロを残して死亡。この時、ブラック・ジェードは爆弾が来ていると電話していたが、名乗ろうとした際、「ブラック・ジ」までしか言っていなかったラブロは重傷でブラックジャックが治療に当たった。

ピノコからブラックジャックと聞いて、しかも声が似ており爆弾を送った相手と強く恨んだ。

ブラックジャックが移植手術をする前にラブロは殺すと宣言した。移植は成功したが、目は戻らなかった。

リハビリをしている最中、メスでブラックジャックを殺そうとしたが、防がれた。リハビリで体が動けるようになり、包帯は外された。リハビリをしていく内にブラックジャックに感謝して行きブラックジャックなしでは生きていられないほどになっていた。

実家に帰った後、ブラックジャックから真実を聞かされてブラック・ジェードは責任を感じてラブロの治療をブラックジャックに依頼し、ラブロに移植されたのは家族全員の臓器や部位(父:顔と足の骨。母:両腕。弟:胃、腎臓、血管、食道)が使われたと教えて一人ではないことを教えた。

ラブロはその後、ゆっくりと暮らしラジオでブラック・ジェードの一味が死亡したことを聞いた。

丑五郎

登場:「残された家」

30年も大工をしており、ブラックジャックの家を作った老人。性格は厳しく暴力を振るのも普通。家のどこかに丑五郎の手形をのこしている。ブラックジャックの家を気に入っており大学を卒業して間もないブラックジャックが土建会社に頼んださい突然、来た。

最後の弟子と共に改築していたが、白血病(それも重度)で苦しみ改築は中止。次に来たさい、弟子は別の大工へ移動していた。ブラックジャックはひそかに採血して白血病と知り作業をやめるよう言われたが、断りブラックジャックがやめようとさせるなら家に火を放ち焼身自殺をすると脅した。しかたなくブラックジャックは手伝うも白血病で丑五郎は苦しみ作業できない。

実は広島にいてそこで放射能に当たった。白血病が発症したのは2,3年前。ブラックジャックでは対処できず家はそのままに残した。

しかし、「台風一過」で家は無くなった。

ヒゲオヤジ

登場:「とざされた記憶」

トキワ荘の管理人。記憶を失っておりロウソクを見ると何かを考えていた。ケンコとうい少女とは仲良し。

昔、太平洋戦争で輸送船に乗っていた中にヒゲオヤジいた。沖縄へ行く輸送船はガソリンを多く乗せていたが、アメリカの空爆にあい乗組員は全滅したが、唯一生き残ったのがヒゲオヤジだけだった。

ガソリンの所在を知っているヒゲオヤジを狙う犯罪者たち(ダンプがリーダー)に捕まりブラックジャックの家に連れて行かれて頭に打たれた部分を治療されガソリンの隠し場所「御蔵島の南の洞穴」を思いだす犯罪者たちに案内するもヒゲオヤジは再び日本が戦争をしないようガソリンに火をつけて燃やそうとした。

ダンプが驚いてロウソクを奪いロウソクにガソリンを近づかせ爆発させ犯罪者たちと共に死亡。

合羽(かっぱ)

登場:「がめついもの同士」

借金取り。似非大阪弁で喋る。3年前、ブラックジャックに細胞腫(再発あり)を治療されて5000万円が未払い。

新幹線のグリーン車に乗って逃げようとしたが逃げられなかった。取り立て先(親子3人)で工場の借用書(5000万円)と家の借用書を入手しブラックジャックに渡した。

ブラックジャックに酒をおごろうとしていたが、ブラックジャックは先の家で取りたてられた人々が心中すると考えて外に出て心中を見た。救急車で適切な応急処置をしてその後、病院の手術で3人は治った。

ブラックジャックは工場の借用書と合羽からもらった家の借用書を病院側に通して家族に返した。合羽は納得しなかったがブラックジャックから再発した場合、50円にまけるらしい。損得勘定が高くブラックジャックの欲の捨て方を理解できなかった。新聞で自殺心中に追い込んだことを批判された際、生きるためと怒っていた。

ブラックジャックの取り立て方を真似ようとしたらしい。

ジュンとトーマス・モリソン

登場:「ハローCQ」

ラジオで知り会った二人の少年。ジュンは両足が動けず車いすで生活している。トーマスは盲目で羊毛会社社長。父が死に会社を受け継いだ。お互いにラジオ通信で知り会いうもジュンは「ホームランを打った」、トーマスも見える嘘とお互いに嘘を言っていた。ジュンの親はジュンの足を医者に見せても中々、治らない。

そんな時にトムが日本に来ることを聞いたジュンは恐れてブラックジャックにみせた(実はトムが日本に来る理由は盲目の治療)。

しかし、ブラックジャックは5000万円を要求し断念。ジュンが送った写真を見たトーマスはジュンの顔写真だけで背が高いと嘘をついてしまい絶交された。

友情を取り戻すためブラックジャックにジュンの治療費を自らが肩代わりすることを頼んだ。ブラックジャックの家にジュンが来てトーマスとジュンは仲直りした。

太一

登場:「青い恐怖」

三界島に父親とともに住む中卒の子。2年前に母親が死亡。漁師を志しているが、父親から世間に出てもらいため高校に行ってほしいと考えている。

島の所有者であるブラックジャックを嫌い島は自分たちの物と考えていた。

漁をしている時にあやまってシャコガイにはまりブラックジャックが助けに来た。最初はボンベとマスクを持って来ようとしたが倉庫は南京錠で固く閉ざされていた。

ブラックジャックが図鑑を見てシャコガイから助けようとした。

太一もブラックジャックも助かった。父親は再度、太一に漁師になるのかと尋ねたら猟師なると言った。

矢口夏江

登場:「クマ」

兄・冬造(精神力だけで生きている)とともに暮していた女性だが、兄の熊「ジンベエ」を殺すことにあきれて喧嘩して山を下りた。

ブラックジャックとは同級生で本を貸し合う仲で「ナっちゃん」と呼んでいた。

ブラックジャックと結婚がしたかった。ジンベエ退治にブラックジャックを呼びジンベエに兄が傷つくから手当てするよう頼む。冬造は傷つき手当されるが、ジンベエは自衛隊が仕留めて冬造の生きがいが無くなった。

猛吹雪が消えて先にジンベエが見えていたが、ブラックジャックはジンベエにしてはおかしいと思い冬造は銃を持って射殺。が、それはジンベエの毛皮をまとった夏江でジンベエが生きているのを見せてわざと撃たれるふりをした。


ゲラ

登場:「笑い上戸」

笑顔が絶えない学生。ブラックジャックの同級生で、暗い学生時代を過ごしていたブラックジャックの冷たさを溶かした人物。

両親はサラ金で借金をして夜逃げした。両親に対する憎しみは無い。ブラックジャックは最初、毛嫌いしていたがゲラを調べていく内に自分と似ている部分があったことを知る。ゲラは両親を憎まないことに怒っていたが、彼の温かさを触れていく内に明るくなった。

しかし、借金取りが来てゲラを殴ろうとしたところを止めようとした際、ダーツを投げて借金取りがダーツをゲラの首にさしゲラは縦隔洞に穴が開きチラノーゼを起こす。医者となったブラックジャックがゲラを見に行くとゲラはやせ細りかつての面影がなかく笑うことができなくなっていた。

ゲラを治療したが、最後は笑い亡くなった。最後の笑いは療養所の外へ響いたとされる。

白野

登場:「気が弱いシラノ」

18号棟に住む男。顔に自信がない。3年前のロックフェスティバルで知り合ったジュンを気にしている。

しかし、病気にかかっているため看病に行った。恋敵栗須とはライバルで喧嘩するほどのなかだったが、栗須が死亡したことに泣いていた。ブラックジャックに整形手術を依頼するも断られるかけるも何とか通し包帯で顔を隠され三か月も見れない顔になった。ジュンが愛していたのは白野で顔を変えてしまったことに愕然とするが実は包帯だけでブラックジャックはそうなると考えてあえてした。


偽天堂一郎

登場:「幸運な男」

イランに住んでいたアラブ人。スラム出身で母親から稼いだ金をとられて酷い目を受けて育ち母親というものを信用していない。日本語は喋れないが話が進むことによって慣れて行き、最初はショックで喋れないとした。

天堂一郎の下で働いていたが、イラン国営石油が爆発して天堂が死にパスポートを盗みブラックジャックを呼んで天堂になり済ませた(この間に半年も経っており奇跡的生還を果たしたと世間で言われる)。

天堂の母あやに会い最初は邪険していたが仲直りをした。天堂の家がオイルショックの後、財産はよくないことを知りブラックジャックに前の顔に戻すよう頼むも金を積んで来いと言われて家に戻ることにした。ある日、あやの思い出を見ていたら歯があるのに入れ歯を見つけて聞いたら逃げ出した。あやを見つけるもうずくまっており病院い連れて行き重度の肺炎と診断された。

あやが死ぬ間際、あやは1年前に死んだ天堂あやのなりすました女で天堂家の財産を狙ってなりすますもオイルショックで会社がつぶれて追い出されたことを伝えた。偽者も本物ではないと言おうとしたが、あやは死んだ。偽者はイランに戻り人生をやり直すことにした。

本物の天堂に関しては感謝しており、仕事場でいい人と見ていた。

登場:「電話が三度なった」

高額な治療費で母親が病院にて治療を受けれず死んだことを憎悪する男。姉がいる。逆恨みでピノコを人質にしてブラックジャックを殺しにかかった。

ピストルでブラックジャックを撃った。しかし、姉が来て止められそうになる。ブラックジャックが生きているのを見て再び発砲しようとしたが、姉はブラックジャックをかばい意識不明となる。傷ついたブラックジャックをサポートして姉を治しブラックジャックを治した。慎は反省して自首した。

素人でありながら姉、ブラックジャックを治す時、手際よくブラックジャックをサポートする。

青鳥ミチル

登場:「かりそめの愛を」

18か所もガンがある女性。両親に結婚を望み男を一番最初に入ってきた男と結婚することを望んだ。

両親は久磨富士夫を選ぶが先にブラックジャックが入ってきてブラックジャックとかりそめの結婚式を挙げた。

ガンの治療が終わり二週間後、ブラックジャックがミチルの容体は大丈夫と思い帰ろうとするが、ミチルはブラックジャックが出て行くのを見て生きていけないとしたがブラックジャックは「勝手なことをいうな!」と叱責され自身は愛される人間じゃないと教えた。

ブラックジャックは部屋から出て行きミチルは泣き外にいた久磨に声をかけて励ますことを伝えた。後にミチルは久磨と結婚した。

ジュン

登場:「小さな悪魔」

少年。母親が胞状奇胎で流産せざるおえない状況でブラックジャックが流産させた。しかし、ジュンは父親からくるべき弟が死に胞状奇胎を見て恐怖した。

ブラックジャックを殺し屋と見て母親が殺されると勘違いし睡眠薬を飲ませた。ところが、ピノコが来てこのままブラックジャックを寝かすと母親が死ぬのことを告げられて自分がやっていることを後悔した。ブラックジャックに辛子を飲ませて起こした

田田川

登場:「消えさった音」

代々農家を営んでおり広い畑を持つ。しかし、隣に滑走路ができて轟音に苦しみノイローゼにかかり刃物や熱湯で耳を痛める行動をとる(4回も起こすほど)。

医者に転移を勧められたが先祖代々に受け継がれた土地を手放したくないため断っている。

熱湯で耳を傷めたさい日曜日だったため医者が動けなかったが、たまたま外国から帰ってきたブラックジャックが来て治療を受ける。

ブラックジャックの家で手術を受けて耳を改造されて他の音は聞こえるが、爆音は聞こえなかった。しかし、田田川は爆音消せないことにしか意味がなくもとに戻すよう再度依頼をした。

美江

登場:「霧」

緊張病(精神病の一種)を患う女性。話し聞く限り金持ちの令嬢。

12歳の時に発病し悪事を働き高校に入学するも一か月で退学、チンピラと知り合い銀行強盗のマネゴトをして逮捕され病気を理由に執行猶予で入院し脱走。

死ぬ場所を求めて谷川岳に登り頭や体を打ちつけて死にかける。

両親の要請で来たブラックジャックに助けられるも霧で視野がさえぎられて岩陰に隠れた。救助されるまでの間、ブラックジャックが両親の依頼で来たのではなく自ら来たと聞いて驚きブラックジャックを好きになった。

ルーツ

登場:「闇時計」

南アフリカ共和国に住む黒人少年。白人嫌い。

母を治療したブラックジャックに後払いで30カラットもするダイヤの原石を渡した。しかし、ダイヤを鑑定していた場所に性格の悪い白人がいてブラックジャックが銃で脅されブラックジャックと共に白人が来て銃で撃たれて案内することになった。

廃坑になった場所に案内されたが落盤が起きて午前7時でなければ人が来ないことをブラックジャックと白人は知る。

ルーツはブラックジャックが原始的な方法で傷口を防いだ。ライターとマッチは失い7時まで待つしかなかった。水に飢えた白人が歩きまわり足を滑り地の底に落ちた。ブラックジャックは正確に7時と計りルーツと共に叫び救助された。

ノン子

登場:「キモダメシ」

心やしい子供。兄に茂一がいる。茂一が県議会議員の息子で悪ガキのツヨシがキモダメシの最中、崖から落ちて頭から血を流すのを見てツヨシにいじめられたことを理由に皆へ隠す。

しかし、ノン子には真実を言ったが、ノン子はブラックジャックが泊まっている場所へ行くも怪我していく。ブラックジャックはツヨシの治療を拒否するもノン子の治療はいいとした。


-ブラックジャック

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.