ブラックジャック

【ブラック・ジャック 人物】学生、教師

投稿日:

千晶

登場:「春一番」

ブラックジャックの行きつけの店の娘。白班症だったが、ブラックジャックの手術で角膜移植をされたが知らない男がうつり何かを探った。

しかし、その男は殺人犯で関わっていく内に男が何かを知っていると感づいて殺しにかかったが、ブラックジャックが止めて男は警察に逮捕された。

志摩洋平

登場:「虚像」

元平松小学校の教師にして、ブラックジャックの担任。43歳。多くの生徒に慕われて教師を目指しなった者もいた。表に出さないがブラックジャックも慕っている。

しかし、教員免許は無く教師を偽り生活して平松小学校の校長が持つ不正で貯めた金をしまっている金庫から金を盗もうとして校長に発覚して校長は泣き寝入りをした。現在はヤク中のダメ人間となっている。ブラックジャックは同窓会で志摩が来なかったことを不審に思った同窓生たちはブラックジャックに志摩を呼ぶことにした。

しかし、ブラックジャックが見たのは変わり果てた志摩の姿だった。

ブラックジャックは薬物中毒から抜け出すため志摩を違う部屋に入れた。志摩は生徒たちのことを忘れておりしまいには自殺を始めた。

病院に運ばれてブラックジャックが治療した。ブラックジャックから志摩が何をしていたのか聞いて愕然する。強制で同窓会に出席し、出なかったら詐欺罪で訴えることを辞さなかった。

朝戸レイ

登場:「悲鳴」

Y高校放送部の生徒。いい声だったが、喉頭がんのできかけで喋れなくなる。

ブラックジャックが山野田の孫が来て手術を頼まれた際、1000円にまけた。しかし、声が戻るまで時間はかかり発声練習をすると苦しむ。

声が出ないため紙を書いて意思表示していた。ブラックジャックに人工声帯をつけることを約束されたが実は嘘であり崖から飛び降りて自殺未遂をはかったら声が出た。

マギー

登場:「赤ちゃんのバラード」

不良少女たちを率いる金持ちの令嬢。ピノコがガンをつけてきたのでブラックジャックを呼んで返した。手下が偶然、二十歳のOLから脅し取った鍵を使ってロッカーにクル病の赤ちゃんを見つけた。しかし、赤ちゃんを気にしてブラックジャックに赤ちゃんの治療を頼んだが、断られ脅しの応酬をするもブラックジャックは屈しなかった。ロッカーで赤ちゃんの面倒見ていたらブラックジャックが来てブラックジャックにここで面倒を見ていたら悪事がバレるとしてブラックジャックが治療を頼んだ。

一か月後、よくなり赤ちゃんはロッカーに返された。ブラックジャックに治療費という名目で親から奪った金を渡そうとしたら拒否されて親に盗んだことがバレて自宅謹慎を受けた。謹慎の最中、赤ちゃんが保護施設に届けられたことを知り涙した。翌日、ブラックジャックが外でマギーを見て駅に電話してこうなったと伝えたられた。

奥山出可

登場:「デカの心臓」

錦鯉「マッハ文朱(ふみあけ)」を愛する学生。巨人症であるため巨体で相撲大会に優勝でき、相撲部屋やプロレス協会からスカウトが来るほど力が強い。しかし、出可は錦鯉が好きで日本一の養鯉家になろうとしていた。父親からはスポーツマンになるよう言われるが、ブラックジャックからは養鯉家になる道の方がいいとしている。1年前にブラックジャックが診察して出可は心臓が小さく寿命が短いと診断している。

雨の日、事故で車が錦鯉の池に入り追い出そうとするも心臓に負担がかかり倒れた。ブラックジャックは出可の言い分を聞いて両足を切断したと見せて出可に義足のカバーをつけた。ブラックジャックは出可の代わりに錦鯉を育てることにした。

村岡映児

登場:「なんという舌」

ソロバンの大会に出るほどの実力者。短肢症であるため舌を使ったりする。舌を使うため周りから笑われているため教師が村岡の才能を活かしたいことからブラックジャックに別の腕を移植してもらう依頼をした。

結果、中井という事故死した少年の腕を移植して補えた。大会当日、補った腕で戦うもまだなれていない腕であるため疲れが出た。しかたなく舌を使い審判から違反と疑われるも審査員は通した。

村正

登場:「ある教師と生徒」

言葉の暴力で生徒と接する教師だが、根はやさしい。

久男を追い詰めてしまい交通事故に合わせてしまった。輸血はO型で村正はO型であるため輸血は不可。ブラックジャックに頼むも1000万円を要求し分割不可。久男の母親から久男が村正を嫌がっていたことや、病院の医者から事故の状況を聞いて車の前に出て自殺を図った。ブラックジャックに生命保険1000万円を渡すための自殺だが、ブラックジャックは久男と村正を治すことを決意。二人を無事治した。

アトム顔の子供

登場:「お前が犯人だ!」

兄が刺され危篤状態にした犯人を憎む少年。兄のメモ帳を見てブラックジャックに犯人と殺し合った時、助けてほしいと頼むが治療代をどうすると言われて出て行った。給料袋を持っていた時、犯人と遭遇するが自らを刺して犯人を警察に逮捕させた。

ブラックジャックが子供を治療して自ら刺したことを警察に教えないと言ったが、ブラックジャックは言いふらして犯人を逃してしまった。

が、ブラックジャックはひそかに兄を治しており兄が犯人んに刺されたのを警察に言って逮捕できた。


コング

登場:「お医者さんごっこ」

がたいがデカい小学生。本名「中野」。妹にチャコがいる。しかし、結核の抗生剤により苦しんでいた。いじめっ子で手下ともにキートンをいじめることもあるが、殴り返される。妹をどうしてもブラックジャックに治したいと考えて手塚を通して呼んだが断られた。

キートンにブラックジャックの真似をするよう頼まれたが、最初は詐欺として断れたが何とか説得してやらせることにした。

チャコが入院している病院でチャコが手術を求めて来たことに対してキートンがブラックジャックを演じ切り1億円を要求しお金儲けでがめつい人間が多いことを教えた。それにブラックジャックが身にしめて手術をする気になった。

無理

登場:「話し合い」

教師。かつて、ブラックジャックと同じ中学校に通っていた。

不良で教師を殴っていたが、一人だけ面と向かって話してくる教師にいらだち陸橋で襲撃したが陸橋から落ちてトラックにひかれた。本間丈太郎の治療の最中、死への恐ろしさを理解した。教師は治療から二週間後に死亡し自分を見て笑った際、泣いた。教師の死を見た無理は教師を目指すことにした。

不良のたまり場とされる学校へ行き〆沢にボコボコにされるも退学にはしなかった。ブラックジャックが本間丈太郎の手術代未払いのため来たが、授業が終わるまで待った。が、授業中に〆沢を怒らせた無理は放課後、〆沢にボコボコにされ死にかける。

ブラックジャックは駆けつけるも〆沢が「一匹や二匹死んだってどうってことねえやい」と悪びれない態度にキレてメスを2つ投げ鼻と首に命中(急所は外している)。救急車が来てブラックジャックが無理と〆沢に応急処置をして治した。病院で〆沢が苦しんでいる最中、無理はかつて教師を目指したことを話し〆沢はそれに泣いた。ブラックジャックは無理に本間丈太郎の分と無理と〆沢の分を払うよう言った。

15年後、〆沢は教師になった。

同期生でありながら間黒男と言わず「ブラックジャック」と呼んでいる。

サトル

登場:「侵略者」

二か月前に病気にかかった少年で入院している。腎臓でできたウイルス腫で苦しんでいるが、病院と母親は悲観して自殺しないよう隠していた。しかし、サトルは皆、インベイダーになったと勘違いして警戒して暴れたりした。ブラックジャックが真実を教えて手術に望んだ。

三角達吉(みすみたつきち)

登場:「デベソの達」

ゴルゴノサウルスを掘りあてた少年。デベソで「デベソの達吉」とあだ名されるほどの人物。

学校でいじめられていたが、化石に興味を持ち熱中しヤジリや土器を発掘しM大学の考古学者伴俊作(ヒゲオヤジ)と会いマンモスやニッポノサウルスの化石を発掘するほど。ゴルゴノサウルスを掘ることに必死で誰にも邪魔されたくなかったが、嵌頓ヘルニアにかかり動けなくなった。

伴がブラックジャックに治療を頼むが300万円を要求し一時は拒否するが達吉の才能と文部科学省から出される保存費で手術料を当てることにした。

治療はできたが、達吉は誰にも掘られたくないが、外は土砂降りで伴は土砂崩れが起きないよう人を呼ぼうとした。

達吉はそれを聞いて外に出て掘ろうとしたが、腹が破けて大出血を起こし死亡。

死ぬ間際、伴に自分の遺骨をゴルゴノサウルスのそばに置くよう頼んだ。上野博物館でゴルゴノサウルスと達吉の骨が展示された。

ジョーズ

登場:「帰ってきたあいつ」

文化祭を荒らす不良たちの元締め。生まれつきの心筋梗塞。文化祭を荒らしていたさい、真面目な生徒が文句を言ってきて激昂したが心筋梗塞が発症して苦しむ。

ブラックジャックの治療されて1年間のリハビリで復帰したが、前のようにはいかず子分が離れた。ブラックジャックにどうすればいいのかと問いただしたら別の方に使ったらいいと言われた。文化祭のガードマンをしてゆき女にもてた。夜、かつての手下たちがジョーズを攻撃するため集まった。

朝、ジョーズは死亡していた。

有田

登場:「水とあくたれ」

M中2年C組の男子生徒。水泳部所属だが、マリー症にかかり水泳部をやめることになった。

マリー症にかかって以降、人目を気にして自分をバカにしていると被害妄想に陥り暴行事件を起こす。

ピノコは有田のファンだったが有田の変わりように愕然。有田がピノコに相談してピノコを人質にしたように見せかけてブラックジャックから500万円をとる。

ピノコを用無しとして追い払った。しかし、ピノコが河でおぼれているのを見て泳いで救出。しかし、有田は死んだ。ブラックジャックは有田に泳ぐことをあきらめて金で気を紛らわそうとする行為を「あまったれ」と忠告した。

ブラックジャックは有田が死亡するも金は取り帰さなかった。

一ノ関和男

登場:「海賊の腕」

器械体操をしていた学生。将棋も得意で通称「イッチン」だが、後に「海賊」。古河という女子に好かれているがブスという理由で嫌っている。左腕が痛み無理に行使してしまい敗血症となり左腕を切断された。新しくつけられた腕は「ハサミのような物」で奇怪に思われて「海賊」というあだ名がついた。

周りの目が変わったことに絶望しているさなか、突然腕が喋り驚く。腕はイッチンが将棋がうまいことを知っており将棋の道に進ませた。強豪を倒して行き地区大会将棋大会の決勝にのぼる。

ここで、腕から時計の音が聞こえて時計を見つけて見渡し、腕から出る声の正体は古河であった知る。つまり、古河にはげまされていたのだ。

菊池

登場:「家出を拾った日」

家出をしていた少年。父親は外科医だがヤブ医者と言って嫌っている。数学は不得意。不良少年だったが女教師田代には心が開けた。田代の勧めで乗馬クラブに行き馬に興味を持ち騎手を目指すことにした。

しかし、薬品の実験で田代が怪我を負い菊池の父親の病院で治療を受ける。顔以外は治されたが、顔は治せず醜くなり人前から姿を消して菊池は家出をしてまで追った。

ブラックジャックに会い途中までブラックジャックの車に乗せてもらい田代を探し田代を見つけるも会えなかった。

田代に父親の病院へ連れて帰られて、田代はブラックジャックと父親が顔を治し治療の料金は騎手になった菊池が優秀した金で払うことになった。

田代

登場:「家出を拾った日」

菊池の恩師。薬品の実験で怪我をするも顔以外は治された。顔は醜く人目を避けるように学校をやめて誰にも会いたくないため実家に戻る。

菊池が追ってくるも拒み追い返した。ブラックジャックに訳を話しブラックジャックから「このままだと菊池はダメになる」と忠告されまず、菊池を菊池の父親の病院に戻し

青木幹男

登場:「木の芽」

1年前に綿ふき病になった少年(サボテンの一種オプンチアに寄生されている)。

母親、父親、兄の茂と住み茂のみ幹男の病気を知っている。

茂から医者に診てもらうよう言われたが病気じゃないと拒否。茂が心配と思いブラックジャックを呼び事情を話し学校の夜、医務室で治すよう頼まれた。

授業中に病状が悪化して大量の葉っぱが生えてしまいに狂暴化して茂に襲いかかったがブラックジャックが駆けつけて麻酔が入った注射を入れられて眠った。サボテンは取り除かされてサボテンは庭に埋められた。

たかお

登場:「夜明けのできごと」

金持ちの家の子。しかし、一流学校で来る宿題の数に精神を苦しみ嫌気をさして、工事現場の穴に入り頭を撃ちつけて自殺をはかった。両親が近くの病院に連れて行くも断られかけてブラックジャックが手術をした。治るもたかおは宿題をやりたがらなかったが、友人たちがPTAに学校の現状を告発してて改善すると言った。

ベン

登場:「ミユキとベン」

不良少年。5人の手下を従えており、情報網は広い。逮捕された経験は多い。胃潰瘍になったことがある。

中西ミユキに惚れており邪魔する者を許さず、駅員に止められたさいには鎖で殴り気絶させ、警察に逮捕されて三か月も留置された。

出所後、ミユキの所在を調べてミユキが回生病院にいることを知り面会謝絶であるも無理矢理入り三か月前のことを謝った。

しかし、顔色が悪く院長から複数転移したガンと聞いて愕然とした。ブラックジャックの所へ行くも病院の許しがないため拒否されかけたが、ミユキを結婚相手と言って500万円持ってくるようブラックジャックが言った。

強盗を働くも警察に撃たれて死にかけて死ぬ間際、自分の体を使って移植するようブラックジャックに頼み死亡。ベンの体にある臓器を移植したことによってミユキの体は治った。



哲男

登場:「光る目」

番長にいじめられており、金をとられる子供。宇宙人好き。授業中に頭が痛くなり医者には不明で寝ることになったが緑内障となり目が光る。番長に宇宙人が憑依したと言って死の宣告をした。

しかし、母親が後で別の医者の所に連れて行き緑内障と判断されるが、手術を拒否するもブラックジャックに叩かれて目が治るよりも番長にまた虐められることを気にしていた。ブラックジャックが番長に宇宙人に関する本とSFを送り読ませた。

哲男は目が治り番長は本を全て読破して性格がよくなった。普段暴力を振るわないブラックジャックに叩いた。


大平芳忠

登場:「浮世風呂」

柔道部主将。ゴリラな顔であり、頭の方にもコンプレックスを持っている。

部活に対する情熱はあるが、恋愛がないため女に対して恋心がある。銭湯でたまたま美人を見かけて一目ぼれをして、聞き間違いでピノコと聞きしかも勘違いでヤクザの娘に手をだし手下を倒してしまったことで刺されてしまった。

幸い大怪我ではなく他の医者い治療されて元気な体となった。


今村健平

登場:「過ぎ去りし一瞬」

金髪の学生。大分県湯布院出身で、15歳の時に育て親が亡くなり上京。人間関係は良く、性格は悪くない。タクシーのバイトをしている。編物と小物作りはできる。傷が出る謎のアレルギーを持つ。ブラックジャックと会った時、顔に傷が出てきて今までの生活は一変する。悪夢にうなされたり、傷が顔に出たり、女の顔が見えたりしてバイトに支障をきたすという理由でクビになった。ブラックジャックを怨み殴りかかろうとするも取り押さえられた。上半身裸になり見せたら背中に銃に撃たれた場所が2か所あった(健平はあざと言っていた)。ブラックジャックの家に行き悪夢にうなされて背中を見たら血が出ていた。手術をして調べていくと手術された後や古傷で血が出たことがわかった。

悪夢でうなされて言ったことを録音してブラックジャックは健平に問いただし背中のアザは銃に撃たれた跡と教えた。だが、ブラックジャックが気になるのは健平を手術した人物である。

一同はエルサルバドルへ行き健平を手術したのがファスナー神父と知りファスナー神父に会い健平の過去を知った。

20年前、健平の両親は報道特派員として行くも車が破壊されて健平だけが治すには難しい体だった。しかし、神の言葉を聞いたマリアが健平に体を移植してもいいことや、ファスナーに神が手伝うと言って1日半もかかった手術は健平の傷を完治させたが、背中の撃たれた跡だけは残した。

他の特派員が来て健平を日本に戻した。今、健平の体にあるのは半分がマリアの体で脳にもマリアの体がある。ファスナーが言うには同化していずれ消えるとされている。ゴタゴタはあったが、ファスナー神父の一件が解決してブラックジャック一行は戻ることになった。

織田修二

登場:「二人の修二」

東西電車の御曹司。中学二年生。不良少年で会社だけしか考えていない父親を憎んでいる。

地下街でタバコを吸い人に怒られてタバコを箱の中にいれて火事を起こしてしまい火事がおさまるまで隠れていた。

両親と再会し放火したのは自分と打ち明けると父親は激怒して勘当された。

一か月後、妹の久美が修二として生活しているのを見て驚き不良に狙われた久美に変わって不良たちを制した。

ブラックジャックが来て性転換されたのを聞いて父をさらに憎んだ。父親のライバル明智光秀、斎藤道三の策略で久美がさらわれそうになった際に久美とすり替わった。

車に乗せられたさいに目覚めて明智と斎藤が父の所に持っていこうとした時に自分たちのことを警察いうと修二が言うと斎藤が車から修二を追いだしひき殺そうとしたが、修二と明智たちは電車にひき殺され死亡。

織田久美

登場:「二人の修二」

織田修二の妹。修二の悪行を知った父が勘当して会社において権力向上のため久美を修二にすることにした。

久美は当然拒否するも父はしつこかった。ブラックジャックが手術で久美を男にしかたに見えたが、催眠術をかけた。

修二死亡後、ブラックジャックが催眠を解き女に戻した。

-ブラックジャック

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.