Vtuber事件史

【Vtuber】ドルアンec騒動

投稿日:

概要

ドルアンec騒動とは2020年7月~8月にかけて起きた出来事。

通称「夜桜の乱 反転」。

楠栞桜と鳴神裁が作り上げた「悲劇のヒロイン「夜桜たま」」の化けの皮が剥がされていき楠栞桜と鳴神裁はVtuber界で「邪悪なVtuber」と恐れられた。

それらの関係者たちはドルアンec騒動の炎で焼かれていく。

アイドル部騒動後

強固なファンと暴れまわる物申し系Vtuberにより楠栞桜は帰ってきた。偽りの悲劇のヒロインを演じて。

天鳳から支援で復活させてくれた。

ゴースティングで麻雀が強いと豪語し天開司を始め、プロの雀士、その他のVtuberとコラボし確固たる地位を得て「誰しもが認める麻雀業界の人口を増やしてくれたと認められた」。

実際に楠に影響され麻雀がしたい人もいた。

雀魂の番組に出演したりと案件が増えた。Yosterから技術的バックアップを受け3Dを得た。

裏でecとして5ちゃんねるにてコラボ相手の悪口を言ったり個人情報をばらまいたりした。2020年5月からドルアンでIPありが追加された。5~7月までの活動を見る限り固定IPである。

一方、アイドル部騒動で暴れた物申し系Vtuberたちがまだ暴れていた。コロナ問題が起きてバーチャルブッダが休止した。

ドルアンec騒動の内容

発端、IP露見

2020年7月11日にて楠がecのことにnoteで言及する。

2020年8月14日、ゆけゆけおさわりアイランドの画像の保存方法を知ろうとしていた人物(通称:二度抜きおじさん)がエロ画像を集めで試しにnoteの有料記事のソースコードを見ていたら「楠のipがecのipと一致していた」。

ここから騒動が広まり注目された。

活動中止

楠栞桜アンチスレにてドルアンスレを掘っていたらCoconalaにあったアカウントがCottageの演者募集した情報が張られる(削除済み)。

募集記事にはCottage宛のメールがあり、成果物への感謝メッセージは楠固有の顔文字が使われていた。

ecがCottageの内情に詳しく語っていたので話題となる。が、アカウントのログインが3日前から最近になり15分後に9ヶ月も放置されていた記事が削除された。

他に76が2019年11月2日にデビュー前のひなの羽衣について投下していた。

試しにアカウントのメールアドレスでログインした。

すると、8月20日にて楠が「不正ログインがあった」とnoteに投稿し活動休止をした。

不正ログインにされたのは「楠栞桜」ではなく、coconalaで書かれたアカウントである。

この時点でドルアンec騒動そのものは終わったが、炎はおさまらない。

検証

書き込み、配信日時検証

SAL_LOVE氏がニコニコ動画にて楠が配信をしている日(対象は7月4日~5日)とecがドルアンスレで書き込んだ検証が行われた(その時、楠が使っていたのは3Dのモデルで配信していたゲームは雀魂)。

結果、ecの書き込む時間が近づくにつれて3Dを使っていた楠の動きがおかしくあきらかにスマホかなにかを触っている挙動が見えた。

ゴースティング検証

元プロの世界のノリヒトが2020年8月22日にて視聴者の頼みで楠のゴースティング検証を行った(対象にした動画は舞元、司、楠、ルイスのコンビ打ち麻雀)。楠のとこどころにゴースティングがあると判断(最後の方で「麻雀が下手かゴースティング」と判断)。しかし、楠を対象とした切り抜き士の第3補給倉庫(第5補給倉庫)により動画が削除されるも有志により拡散。ノリヒト氏は手直しして再度アップした。

ヨーテルがノリヒト氏の動画に反証するもぜんぜんできておらず周りから突っ込まれノリヒト氏からも突っ込まれ道化ぶりを見せた。

また、ノリヒト氏はトッププロ、共演したプロ(どちらも名前を言及せず)から「間違いなくゴースティングしている」と聞いた。

狂信者たちの暴走

楠の活動休止に動揺していた純粋なファンはいた。が、狂信者もいた。

狂信者たちは怒り狂いある者は楠を擁護し、ある者は自分の検証を上げ、ある者は怒りのコメント周りをしていた。

アイドル部騒動で暴れていた連中がここぞでもだえ苦しんでいる図である。

Cottageの正体

2020年8月28日にてひなの羽衣の配信でCottageの運営アカウントが突如「夜桜の前世からの付き合いをしている「Mitta」」に変わった。

いわば楠栞桜の囲いの箱である。

未検証

ゴーストライター、高評価水増し疑惑が謎。

いっせんち氏を使ってゴーストライターをした疑惑が浮上しecが否定した。そのため、ゴーストライター疑惑は「いっせんち氏が関わっている可能性がある」しかわからない。

高評価水増しについて楠は否定しているも高評価の水増しは検索で知っているとした。

夜桜たま時代にチート疑惑をしていたとされるもわからん。

Cottageの謎。設立日と設立者が不明。

騒動の影響

2020年8月19日に行われるはずだったテンクス(天開司、楠栞桜のコラボ)は千羽黒乃と咲乃もこに変更された。

2020年8月24日に連載されるはずだった楠栞桜を主人公とした漫画が延期(実質中止)。麻雀最強戦2020公式アンバサダーから楠が下ろされる。

2020年8月27日にて鳴き強制麻雀にて叶、司、郡道、リゼが参加するも叶が火中の楠のネタを使う(そもそも叶はゴースティングが大嫌い)。ついでに郡道も叶に乗った。

2020年7月31日の「Vのから騒ぎ」にて「Winter Projectを使ったコラボをしたい」と言っていた。しかし、なかった。

2020年8月28日の雪山人狼企画「このオジ」に楠が参加する予定だったがメンバーを変えて実行。

2020年8月28日にてCottage所属のひなの羽衣が配信している時にCottage管理アカウントが「unk Mitta」に突如変更されCottageの疑惑が深まる。

2020年8月30日にて楠のゴースティングについて木原浩一プロが容認した発言をする(翌日、noteで謝罪しYoutubeでの活動を休止し動画を削除)。8月31日にて、漫画家のウヒョ助が木原プロの発言を擁護。

2020年9月1日にて月刊・麻雀界第114号にて楠のゴースティング、IP流出について福地誠氏が語る。

2020年9月4日にて天鳳の広告であれだけ楠の広告があったものの「近代麻雀の麻雀入門杯の「ゲスト及び実況役は千羽黒乃」」。

2020年9月4日にてCottageが声明を出す。

2020年9月6日にて茜ヶ崎れおが9月30日にて引退表明する。

2020年9月7日にて「まいてつ Last Run!! Vtuber Cover Selection」の「blooming symphony」を担当する予定だったが楠の活動自粛で辞退したため代役として結目ユイが歌う。

2020年9月8日にてCottageがecに開示請求を検討。

2020年9月14日にて第11回雀荘ほめちぎりで小笠原原仁氏を交え火中の人物であるアイドル部騒動で暴れた鳴神、ゴースティング検証の先端を開いた世界のノリヒトが共演する。

2020年9月中旬にVtuber桜愛かのんがあらわれるも楠の転生と疑われる。ほとぼりが冷めるまで休止する。

2020年9月21日に開催する第二回パイレーツカップin天鳳にて実況は小林未沙。第一回は楠だった。

2020年9月25日に福地誠氏がnoteで楠から話があったことを書く。

2020年9月26日にて麻雀最強戦2020公式アンバサダーにて司会の小山剛志氏が楠が来なかったのは「体調不良」と説明した。

2020年10月1日にて藤枝雅氏がサクラノシオリ連載中止になったことをtwitterでツイート。

同日、ネマタ氏が「夜桜たま×朝倉康心に学ぶ現代麻雀」について感想を残す。

同日、藤枝雅氏が近代麻雀で連載予定だったサクラノシオリが連載中止になったことをツイートする(雑誌には作者の病気で中止)。他に交換日記も連載中止。

以降、界隈の教訓となり楠栞桜は界隈のタブーとなった。終わらぬ炎となり現在も続いている。

-Vtuber事件史

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.