Vtuber事件史

【Vtuber】終わらぬ地獄の炎(楠のその後)

投稿日:

概要

終わらぬ地獄の炎(楠のその後)とはドルアンec騒動が2020年8月20日にて楠栞桜休止で事実上の終わりとして区切った場合、2020年8月21日以降の楠栞桜関連の炎上はどうなるのかと考え記事にした。

別名「夜桜の乱 地獄」、「因果応報の末路」、「阿鼻叫喚の図」。

地獄とつけたのは「配信者としてはこれ以上もない地獄」としか言いようがない。

そして、終わりの見えない炎上だ。

内容

2020年

5つ以上の案件があったもののすべてなくなった。

ゴースティングの検証が行われ明らかに擁護できない部分が多数も発見される。

クリスマス配信で1度復活するも鳴かず飛ばず。しかも積み上げられた問題の説明をしない。

楠栞桜を擁護する者があらわれるともれなく焼かれる。アイドル部騒動で関わった者は焼かれていった。

2021年

楠栞桜がルイズから絶縁を宣言される。

カソウコンボにて楠栞桜の転生体と思わしき病ヰミヤがあらわれ疑惑を持たれた。カソウコンボが解散する。

4月1日、ファンとアンチしか楠栞桜の誕生日を祝わず。

Skebで楠栞桜のエロいイラストが依頼される。

2021年4月にていろはたちが契約満了で卒業。ドルアン塩信たちが謎に暴れる。

ドルアンec騒動が1年経過しても楠栞桜の過ちを認めないドルアン塩信たち。

鳴神BAN騒動、えにからの刑事告訴、カバーによる鳴神の動画を12件削除と鳴神に対する騒ぎが勃発。

炎となっているもの

1.IP一致で発覚した情報漏洩、天鳳速報、誹謗中傷問題(後々、未発見のものが発掘される可能性あり)

2.ゴースティング問題。

3.未だに説明しない楠栞桜の態度。

4.カルト化したドルアン塩信たちによる奇行で薪となり炎上が絶やされない。

5.楠栞桜に同調した者たちが残した言葉。

6.界隈の教訓となり終わりはない。

-Vtuber事件史

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.