BAROQUE 歪んだ妄想

【BAROQUE 歪んだ妄想】心読みの者

投稿日:

概要

心読みの者とはBAROQUE 歪んだ妄想に登場する人物。声は塩山由佳。

老婆で下半身が肥大化している。

心を読むことを得意としているが、主人公だけは避けている。ただし、主人公が状態異常にかかった後に話しかけると喝を入れたりする。

首の者がうまったことに「おろか」とあざ笑う。角の者には「自己」がないと見ている。

昔は役者をしていたらしい。

能力の正体

心読みの者の能力の正体は「大熱波で感覚球と融合したことによって得たもの」。

しかし、心読みの者の否応なしに感覚球が取り込んだ情報を伝えてくる。結果、「歪んだ妄想を見せられる」苦痛を受けた。

-BAROQUE 歪んだ妄想

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.