BAROQUE 歪んだ妄想

【BAROQUE 歪んだ妄想】箱の者

投稿日:

概要

箱の者とはBAROQUE 歪んだ妄想に登場する人物。声は福原耕平。

外見がは人間とほとんどかわらないが両腕が肥大化している。箱を持っている。

罪悪感にさなまれている。

なにもない箱を持って「娘は生き返る」と思い込んでいる(本人は自覚している)。

上級天使のことを「常軌を逸していた」と見ている。

箱、笑う箱をもらうと喜ぶ。

袋の者との関係

袋の者とは「親子関係」で袋の者の父。

娘が歪んだ時、絞殺し心中しようと自身も死のうと思った。しかし、死ぬことができなかった。

娘のイデアセフィロスを箱に入れて感覚球へ使った。娘は「袋の者」として復活した。

が、罪悪感にさえなまれた。

娘が「袋の者」として生きていることは知らない。

-BAROQUE 歪んだ妄想

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.