BAROQUE 歪んだ妄想

【BAROQUE 歪んだ妄想】上級天使

投稿日:

概要

上級天使とはBAROQUE 歪んだ妄想に登場する人物。声は宮野真守。

マルクト教団のリーダー。

主人公に天使銃を渡し「創造維持神の浄化」を命令した。

普段は感覚球の傍らにあらわれるもこれは立体映像。実際は「神経塔の最下層にある感覚球に刺さっておりこれで立体映像を送っている」。

性格

感覚球に刺さっていることが功をなしたのか歪んでいない。主人公を導いたりする。

しかし、何度も主人公が死ぬと怒ったり「わざと死んだのか?」と疑う。

姉がいたものの歪んだとされ父親は姉を隠し姉は自らを隠した。そのことを苦に思っており姉の選択は間違っていないとしており世界が間違っていると思っている。

感覚球に刺さって生きているも「痛みは感じているらしい」。オールクリア後に主人公へ刺さってみるか誘っている。

暇で1人しとりをする。

正体

偽感覚球を使い創造維持神から「痛覚」を抜き取り歪みきった世界を作り上げてしまった張本人。

創造維持神から「痛覚」を抜き天使虫を培養し天使銃の弾丸とした。同時に天使銃を作った。

創造維持神と主人公の融合を妨害し大熱波を起こす。結果、上級天使は感覚球に刺さり生き続けた。

主人公を使う理由は「主人公が天使銃で創造維持神を浄化し歪み無き新たな世界を創造すること」。

活躍

主人公へ天使銃を渡し浄化を目論む。しかし、すべてのエンディングで目論見が失敗する。

オールクリア後

何かを悟ったのか諦めている。

-BAROQUE 歪んだ妄想

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.