ブラックジャック

【ブラック・ジャック 人物】手塚先生

投稿日:

登場作品

初出:「海賊の腕」

登場:「短指症」、「ピノコ生きている」、「お医者さんごっこ」、「けいれん」、「信号」、「密室の少年」、「帰ってきたあいつ」、「笑い上戸」、「執念」、「20年目の暗示」

概要

手塚治虫をモデルとしたキャラクター。回生病院所属の医者。

ブラックジャックを何かと信用しており頼りにしている。

活躍

「海賊の腕」

一ノ関和男の左腕が敗血症一歩手前だったので警告したが、敗血症となった。ブラックジャックに手術の依頼と敗血症で立ち上がったことを知っており励ますのも頼むが、励ますのは断られた。

「執念」

ガンで苦しむ医師免許餅の山之辺に無理をさせないようしていたが、患者を治す姿勢を崩さなかった。

無理をさせないようブラックジャックに山之辺を手伝わせて成功に導かせた。山之辺が手術後に死亡して手塚は手術中に死んでいたと考えた。

「短指症」

ブラックジャックにゴールドマウントの息子について話していた。

「ピノコ生きている」

ブラックジャックに可仁の居場所を聞かれた。

「お医者さんごっこ」

ブラックジャックを呼ぼうとしたが、簡単なことと見て拒否された。しかし、ブラックジャックがキートンの言葉を身にしめて手術をすることにした。

「けいれん」

ブラックジャックが手術中にけいれんを起こしたこと手塚は驚いていた。

「信号」

ブラックジャックの家を立ち退きさせようとした社長を治療。手は打ったものの社長は植物人間だった。手塚とブラックジャックは社長の呼吸が何かを示していると見て調べることになった。

「密室の少年」

PK使い少年の治療にブラックジャックを当たらせた。

「帰ってきたあいつ」

ジョーズの両親が治してほしいと頼まれた。手塚はブラックジャックを紹介する。

「笑い上戸」

ブラックジャックが暗く何があったのか聞いていた。

「20年目の暗示」

指が動かなくなったブラックジャックに神経科ではないが、精神科の浅草上乃に相談させた。

余談

漫画家としての手塚も登場する(「目撃者」、「未来への贈り物」、「白葉さま」)。

-ブラックジャック

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.