名言・迷言

【迷言】いいや違う、鼠よ

投稿日:

概要

「いいや違う、鼠よ」とはゴーストオブツシマにて境井正が部下や仁に言った壱岐の人々に対する暴言にして「境井正がどうして壱岐の人々に嫌われるのか端的にわかるセリフ」。

仁以外は笑って聞いていた。

壱岐の人々は正を「人斬りの境井」と恐れ侍及び境井家を嫌う者が多い。酷いときには境井家に家族が殺されたことを恨む者もいる。

正は壱岐の人々を鼠と殺し回ったと思うと血も涙もねえのかよと思ってしまう。

また、ゴーストオブツシマは鎌倉時代が舞台であるため正の姿はある意味で「鎌倉蛮族」と言える。

-名言・迷言

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.