名言・迷言

【迷言】志村の爺を肩に乗せたまま蒙古の奴らを何千と斬ったって聞いたよ

投稿日:

概要

「志村の爺を肩に乗せたまま蒙古の奴らを何千と斬ったって聞いたよ」とはゴーストオブツシマにて壱岐の女の百姓が偽冥人から聞いたことを事細かに語ったこと。

明らかに間違っている。

志村は「冥人」の戦い方は「秩序を乱す(要約)」と嫌っており終盤では仁と戦うことになった。

仁からすればわけのわからないことである。と言うか志村が相棒みたいな存在になっているのが変。

-名言・迷言

Copyright© 今日も暇なことを書くブログ改め , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.